お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             親と子の支配関係「お仕置き」


子供は親に支配されている、前記事に書きましたが、その支配の中にお仕置き行為がありますね。
お仕置きを喜ぶ子供なんていません、そして悪いことをした子供を親は抵抗を許さず叩きます。
子供は逃げたくてあがいても親の力に屈服するしかなく、それを強制的に受け入れます。

正当性のあるお仕置きは、まず愛情があること、感情的でないこと、そして正当な理由があること。
きちんと説教をし、お仕置きをし、反省させ、理解させる。
これがあれば私は虐待とは違うと思います。

逆に正当性がないお仕置きは、感情的になる、愛情がない、理不尽な理由、物を投げつける、暴言、足を使う、強制的に返事をさせる、育児放棄、無視、等々。
これはお仕置きではなく虐待だと思います。

最近はお仕置きという名の体罰はやってはいけないこととなりつつありますが、私は教育には必要ではないかと思っています。
子供は好奇心が旺盛で、赤ん坊のときはどんなに危ないものでも手で触ったり口に入れたりしてこれが何であるか認識します。
成長した子供もまだ分からない事だらけなのでいろんないたずらをして、それがどういう世界なのか、そしてどこまで許されるのかを探求しているのだと思います。
そして口で叱ってもなかなか分かってくれません、そこまで説得力のある人間はそうはいないからです。
口では分かってくれないからお仕置きをする。
これは仕方のないことだと思います。

説得の仕方が分からない、口でうまく説明できない、そういう人ほどお仕置きという形で教育をしてしまうんでしょう。
でも愛情のあるお仕置きは子供を正当な道へ導くための手段なんですね。
ただ、前記事で触れましたが、未熟な親が増え、教育の心理学的な部分を分かっていない親の、正当な道へ導く判断というものは間違いが多く、それが困った問題なんですけどね。

最初にお仕置きを喜ぶ子供なんていないと書きましたが、実はそんなことはないんですね。
実際には構ってほしいというサインであることもあるんです。
意識的にも、そして無意識にも、わざと悪さをして自分に目を向けてもらいたいというのがあるんです。
まあ、それはみなさん、なんとなくは分かりますよね。

私の実体験です。
水商売をやめて九州の友達夫婦のところにいったときのことです、1週間ほど世話になるつもりでいったのですが、その間、なんと喧嘩して奥さんが出て行ってしまったんですね、結局そのまま離婚したんですけど。
で、友達は小さいながらも割烹料理屋をやっていて、しかも2歳(男)と4歳(女)の子供もいてどうにも回らない状況だったんですね。
私は特に次の仕事も決まっていないし、料理も教えてもらいたいというのがあって、「俺が面倒みようか?」ということになり、なんとそのまま1年間同居していたことがあるんです。

私はその子供に対して、駄目なことは駄目と叱り、自分の子供のように接していました、それは友達も知っていたし感謝してくれていました。
子供の眼力は凄いです、大人が少しでも油断をすると言うことも聞かず小ばかにします、逆にきちんと接していれば一目置くんですね、人間のずる賢い部分がこういう小さいときから出来てくるんですね。
まあ、私はも昔は子供嫌いだったこともあり、下手に遊んでしまうと後が大変ということは分かっていたのでそういうメリハリをつけて接していました。
褒めるときには本当に些細なことでも大げさに褒めて、叱るときにはわざと怖い顔をして「駄目だよ」って感じで。
おかげで演技力が付きました(笑)

2歳(3歳になっていたかな?)の男の子が困ったいたずらをすると私は
「こらー、悪い子だなぁ、こっちきなさい!」
といって、膝の上でお尻を丸出しにして、軽い音が鳴る程度に叩くんですね、もちろんまだ3歳くらいなので泣く様な叩き方はしないし、私も冷静で楽しんでいたんですけどね。
そうするとお姉ちゃんのほうが、弟とまるっきり同じいたずらをするんですよね。
しかも私のほうを見ながら満面の笑みで。

シカトしていると、「ねー○○にもして」っておねだりするんですよ、だから同じようにお仕置きしてあげていました(笑)
このお姉ちゃんは弟がお仕置きをされると必ずこういう態度をとっていました。
お仕置きでなくても私が弟を構うとやきもちを焼くのか、すぐに来て弟を私から奪おうとするんですよね。
可愛いから、何度かなんですが、ちょっときつめに叩いたことがあって、そんときは子供だから泣いちゃうんですよね、
「お兄ちゃん嫌いー、もうお兄ちゃんなんて大っ嫌いだからねーだ」と(私はお兄ちゃんと呼ばれていました)
必死に泣きながらしゃべる姿がとても可愛くて、それが癖になって、その子には申し訳なかったんですが、たまーにそんないたずらもしていました。
そんな泣くようなことがあっても次の日にはまた同じことの繰り返しなんです。
だからお仕置きという嫌な方法だとしてもどんな形でも構ってほしいんだなって、このときからそう感じ、子供の切ない気持ちを実感していました。

この兄弟は母親が出て行った次の日から一切母親の話はしませんでした、子供心に父親に気を使ったのか、幼い心に何かを言い聞かせたのかはわかりませんが、凄いなぁと感じました。
そしてこのお姉ちゃんは弟思いのしっかりした子で自分のわがままも言わず、山登りも何をするにも弟を助けてあげて、精神的にはかなり大人な子だったのですが、母親がいなくなってからは物凄くわがままになって自分が自分がと本当に聞き分けのない子供になってしまったんですよね。
子供の頃に付く心の傷って本当に恐ろしいものだなと感じたのはこのときが初めてでした。



              戻る          Top