お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         お仕置き好きな若い女性が増えている訳


このブログを書き始めるきっかけになったのは、お仕置きを求める女性が意外に多いと実感したからなんですね。

その理由は現在はストレス社会であり、叱れない親や教師がたくさんいることも関係していると感じます。
また、ネットという匿名性の高い媒体があるから自分の欲を追求することができる、出会いも簡単に探せる、さらに最近の女性は自分の意見を主張したり表現することが比較的しやすくなってきていて、心がオープンになったからかなぁとは感じます。
昔は電車で痴漢に会ったら恥ずかしくて声を出せなくて泣き寝入りだったのが、今じゃ声を上げて痴漢を取り押さえるという女性が多くなったのも立場の変化からだと思います。

そういうことも関係してか、最近はお仕置きされたいという欲求を抱える人も昔と比べて増えているみたいなんですよね。
最近お話をするようになった女性がいて、この人は20代前半の「キーさん」なんですね。
最近の若い女性にお仕置き好きの子が増えているという話をしている時に彼女は

「ちやほやされて育ってきたせいかなって思うんです、個性やゆとりに重点をおかれていた世代なので、どんな自分でもいいんだよってなんでも受け入れられすぎて、逆にどうしたらいいか分からないというか。だからこそ、はっきりダメって叱られてお仕置きを受けることに憧れるのかなぁって思います」
と答えました。

根っからの”キー”である若い彼女の言葉にはとても説得力がありました。
彼女がいっているとおりで、ゆとり世代の代償も大きいのかもしれません。
今の時代、教師の体罰は絶対に禁止です、昔も禁止されていましたが体罰は当たり前でそれに文句を言う人はいませんでした。
しかし今の先生は、生徒や親の顔色を伺い、勉強を教えるだけで躾をしようとしません。
たとえ躾をしたとしても生徒に触れることはできません。

家庭でも過保護な親が増えましたよね、逆に虐待する親も増えました。
過保護な親はきちんと叱ることができず、虐待する親は愛情を持って叱ることができません。
虐待までいかなくても、すぐに感情的になってしまい冷静に論理的に説得できない親は多いものです。
そうなると精神的な部分で何かを欲してしまうのでしょう。
根底にあるものは温もりや愛情に触れたいということだと思います。

叱られることがなく、のびのびと自分が思うままに生きてきたとしたらこれでいいのかと不安になるでしょう、悪いことをしているのに何も言われなかったら自分が存在しているのか疑問に思うでしょう、本当に愛されているのか不安にもなるでしょう。
駄目なことは駄目なんだよとしっかりといってあげることは大切なことだと思います、あなたがが大事だから叱っているんだよ、ということが本人に伝わればそれが愛情です。
そういう精神の不安定さがお仕置き好きの女性が増えている要因の一つなんだと感じます。

スパの世界を知らない人はもちろん、スパをかじっている人でも理解できないことかも知れませんが、根っからのキーはMというわけではないんですよね。
ここら辺のややこしいとこは、昨日の記事で説明してあるので分からない人はみてください。
(ここでいう根っからのキーとはディシプリン派のキーさんで、躾としてのお説教とお仕置きを好む人です)
純粋に悪いことに対して叱られて罰を与えてほしい人は、それ以外のSM的なことや性的な事には興味がないんです。

逆に根っからのカーというのはどういうものかを考えてみましたが、躾の一環で、本当は叩きたくはないけれども悪い事の罰として仕方なくお尻を叩く人なんですよね、それ以外欲求がない、親がそうであるように。
ただそこに問題があると思うんですよね。

私は思うのですが、根っからのキーはたくさんいるのは分かります、そしてみんな本物です。
でも根っからのカーは存在するのかが疑問なんですね。
根っからのカーがいるとすればキーとカーは長続きしますが、それが根っからのカーでなければ違和感や価値観の違いから別れることになり、キーが傷つく要因となるのです。

実際興味本位のカーが多すぎて「叩きますよ」というのは簡単で、出会い系のノリでどんな人か見てみたいだけの人もいて、そういう人たちはすぐにその行為に飽きて去っていきます、体目的の人もいるでしょう、彼女を探している人もいるでしょう。
そんな自称「カー」に騙されてほしくないんですよね。
ただ、これはカーさんと会って時間がたってみないと分からないことですから難しいんですが、会う前にこういったことをきちんと確かめることは大事なことだと思います。

親兄弟や先生ではない、第三者が、その人のために間違ったことを正し、お尻を叩くという行為だけをする。
本当は叩きたくないけれどもその子のために心を鬼にしてお尻ペンをする。
それが欲求だといえる本物のカーというのは存在するのか、私は理解に苦しみます。

恋人がパートナーとなったとしても、叱るときにはお尻を出して叩かなければいけない、それは仲のいいときはいいけれど、喧嘩っぽいことをしている時は感情的になるため、そういうことはできないですよね(私はしてますが・・・。)
実際喧嘩になるような悪い事柄があるときこそ、そのときこそ本当のお仕置きが必要で、本気でお尻を叩かなければならないのに、それができないとしたら本末転倒ではないでしょうか。

でも私の場合はお尻を叩く行為というよりも別のものをより多く求めているから成立しているんだと思います。
それは相手が私に心を見せてくれることなんです。
誰にも言えないことや心の闇を私に打ち明けてくれるということは私を信頼しているということで、それで私は愛情を感じ満たされることにつながります。

愛情を感じれば真剣に相手をを見るので、お説教を通じてダメなものはダメといい、いろいろな選択肢や方向性を話して、少しでも良い方向にいってほしいと思うんですね。
そこで心の安定、心の癒しを感じてもらったら相手も満たされるし、私もより満たされるんです。

そして悪い子であればお尻ペンをしますが、演技ではなく、痛みで素に戻った本物のその人の姿が見れること、そしてそれは他人には見せない本質的な姿だから私はそこに魅力も感じています。
そもそもは悪い子には罰を与えて痛い思いをしてもらう、二度としないように懲らしめる、という事が私の基本姿勢ですが、そこに至るまでには信頼が必要で、その信頼は人に言えないような悪い事を告白したり、自分の闇や悩みを打ち明けることで短時間で構築でき、それができるカウンセリングはとても重要な事なんですね。
だからお尻を叩きたい普通のカーさんとは性質が違うと自分自身自覚しています、そもそも私は悪いことがない限りお尻を叩きたいとは思いませんからね。

だから私がもしキーさんと個人的に長くお付き合いをするならば、その関係性は友達関係(疑似親子関係)なら可能だと感じます。
友達になるには、気が合う事はもちろんですが、話が出来て人間的に好きにならないと無理ですよね。
でも気が合えば友達として遊びにいったり飲みに行ったり楽しめるはず、その中でリアルに悪いところがあればその場でお仕置きをする。

いちいち会ったからといって理由をこじつけてプレイみたいにするよりも私にはそれが一番自然であっているんです。
ま、友達感覚といってもお仕置きのときは子ども扱いにして子供に返ってもらいますけどね。
そこら辺の空気のつくり方はキッチリとしているつもりです。

だいぶ話がそれてしまいました・・・。
いつものことですが(笑)

とにかくストレス社会、叱れない親や教師、過保護や放任主義など、それらとゆとり教育などがあわさり今は自由すぎて子供たちが何が正しいのかという判断もできないんだと思います。

ほっとかれている子の寂しさ
感情的に叱られている子の叫び
放任で自分が愛されているのか不安な子
自分の存在意義を主張しても反応がなく折れてしまっている子
叱られたことがない子の切なさ
甘え癖がついていてそれをまだ欲している子、甘えることに憧れている子

これらを感じている人は多いと思いますし、このような環境で育てている親もかなりいると思います。
世の中的に許しすぎ、自由すぎるから誰かに叱って欲しいとお仕置きを求めてしまうのかもしれません。
自分で自制できない人はたくさんいます、叱られて気持ちを立て直すことができるならば勇気を持ってそのような環境に触れてみることもいいのではないかと思います。

お説教やお尻叩きをお仕置きという形で表現していますが、結局は愛情です。
愛情表現の一つにお尻叩きがあり、愛情を持って叱られた経験のない人たちはお仕置きに憧れを持つことがあります。
元を正せばお尻を叩かれたいのではなく、極論は人間の心を求めているだけだと私は思います。
真剣にその人に向き合えばそれで満たされることかもしれません、実際にそうやって欲が薄まっている人もいますからね。
それに気づくまではお仕置きを経験し続ければいいと思います、そしていずれ愛情の受け取り方や与え方に気がつく時が来るでしょう。
私はそう思います^^



              戻る          Top