お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

              教育のための体罰は善か悪か



最近お受験に熱心な教育ママさんが増えていますが、それと比例して子供を叩くことは悪いこと、してはいけないことという風潮が広がってきています。
まあそれは日本だけではなく世界的に広がってきていることで「子供を叩くこと=悪」ということが常識になりつつあります。
私立幼稚園や私立小学校、中学校に入学させる為に子供の自由を奪い、躾をし、教育をしていますが、それがどれほど難しい行為であるか、子供よりも親の方が遥かに大変なのかもしれません。
子供の自由を奪うことはそれが子供の為であり、将来のことと思いやっていることですが、その信念が揺らぐ時もたまにあるでしょう。

幼児教育の一環で塾に通わせることも多いと思いますが、そこで子供が叩かれたりすると過保護な親は悩んだり塾をやめさせたりしようとしますが、それはどうなのかなと考えさせられます。
また、躾をしたり勉強を教えていても子供が中々理解してくれない、言う事を聞いてくれない、集中してくれない等の要素が重なると体罰反対派の親でさえつい手が出てしまい叩いてしまうこともあるようです。
そういう人は自分を責め、後悔して罪悪感にさいなまれたりします。

子供を叩くことや体罰って悪でありしてはいけないこととなっていますが、果たして本当にそうでしょうか?
虐待的な体罰、理不尽な体罰、躾以外の体罰、感情的な体罰は私も絶対にあってはいけないと思います。
しかし、冷静に加減をした体罰は必要不可欠な行為だとも思います。
ここではこの体罰をお仕置きといい、お仕置きはお尻叩き、お尻ペンのこととします。
ただ、この叩く加減は普通の人間では難しく、つい感情的になってしまったり愛情がゆえに虐待的になったりととても危険な行為だとは思います。
だからこそ「体罰は駄目」としているのかなぁと感じたりします。

子供のことを絶えず考えている真面目な親達の殆どは「体罰が悪いことだからそれはしない」と心の中で決め事をしています。
でもそれがゆえに言う事の聞かない子供に腹を立て、ストレスがたまり感情的に怒ってしまう、更にはつい手が出てしまうことがよくあります。
そういう親達はその感情的な行為が子供の心にどれだけの傷をつけているかあまり分かっていないのでしょう。
感情的に言葉で叱りつけるよりも冷静な体罰の方が子供の心に対して負担が少ないはずです。
そして感情的な怒りは冷静なお仕置きであるお尻叩きとは比べようがないくらい「悪」だということは間違いありません。

感情的になってしまってはそれは憎しみだし子供もそこからは愛情を感じることはできません。
しかし冷静な体罰であるお仕置きのお尻ペンはその行為の方法や、やり方によっては一つの愛情表現に変わり、子供と親の信頼関係が深くなりえる行為だと思います。
つい感情的になって子供に手を出して後悔している方たち、また感情的に怒ってしまう方たちに「お仕置きの仕方」を分かってもらえたらなって感じます。

その前に、
愛情表現ってそれこそ無限にたくさんありますよね、その中でも表裏のどちらも愛情という面があるんです。
その一つが「叩くこと」と「叩かないこと」なんです。
しつこいようですが、ここでいう叩くとは”お尻を叩く”という意味でお尻ペンのお仕置きのことです。
そしてこれは虐待的要素を含まないようなきちんと加減をしたお尻ペンのことです。

普通に考えたらお仕置きしないほうが子供は愛情を感じると思ってしまうでしょう。
手を上げず大切に育てたからといって愛情で満たされていると思うことは考えが浅はかです、それこそ自己満足の世界ですね。
実はお仕置きをされたことがない子供にも不満要素があるんですね。

このブログでも何度か書いていますが、いい子で真面目な子を持つ親は自慢の子供と思っていますが、実はそれは親のご機嫌伺いの為であったり、怒られるのが嫌で仕方なくだったり、親の喜ぶ顔がみたいという切ない思いだったりで親の思うとおりに過ごし、いい子でいることが自分の中で楽で、そういう歪んだいい子ちゃんなことが多く見られます。
嬉しいのは親だけで子供は子供らしさである自由を奪われ、子供のときに発散すべき欲求を我慢してストレスを溜めて成長してしまいます。
それによって自主性を奪われてしまうという弊害もでてきて、自分では何も決められない、そして子供のころに味わえなかった叱られるという行為を求めてしまいます。
叱られたいというのは甘えたいというのと同じ意味で、思いっきり子供に戻って好き勝手して真剣に叱られることで心から愛されているって感じたいということです。

叱られたいが為にする悪戯、構ってほしいからする悪戯って子供にはあって、それに応えてあげるのが親で、子供は勇気を振り絞って悪さをすることもあるという事を分かっていてほしいです。
でもいくら悪戯をしても、お仕置きという形の愛情が得られないと本当に愛してくれているのか不安になり、その不安が更なる不安を呼び、それによって愛情が満たされなくなってしまうという面もあるんですね。
お仕置きとは大人が自分に真剣に向き合ってくれているという愛情行為だと無意識に思っているものです。
そんな子達は幼い頃から”叱られること”に魅力を感じるようになってきてしまうんですね。
早い子では幼稚園、そうでなくても小学校、中学校でその魅力に取り付かれ叱られたいという欲求が膨らんでいきます。

これはテレビ番組やアニメ、そして身近な人達がお尻を叩かれているのを見て、大人が真剣に向き合ってぶつかってくれている、真剣に叱ってくれているんだと羨ましく感じてしまうからなんですね。
自分が叩かれたことがないからこそ思う”妄想”なのですが、
「お仕置き=構ってもらえる=甘えられる=愛情のある行為」
と認識してしまいますし事実それは間違いがないことです。
だから叩かれることで愛情を感じるし叩かれないことでも愛情を感じるということがあり、そのバランスがとても難しく、歪んだ考えにならないようにするには均等に愛情を注ぐ必要があると思います。

私はそうやって悩んでいる人たちにお仕置きをしていますが、お仕置きの世界に入り込んでくる子は、そういう環境で育ってきた大人がほとんどといってもいいと思います。
実際にそうやって育てられた子供が大人になった姿を私は見て実感しているのである意味”心理学的統計”であると思っています。

今の若い子達で男女問わずお仕置き願望がある人は昔と比べ非常に多いと私は思います。
それはゆとり教育の代償であったり、学校での体罰禁止の徹底、家庭での体罰の自粛等が重なって自分を真剣に叱ってくれる存在がいないというのが根底にあるのだと思います。
お仕置きの世界に足を踏み入れる勇気のある女性はほんの一部で、本当は物凄く多い隠れキーさん(お尻を叩かれる側)が世の中にはいると私は思っています。

そういう子たちはお尻を叩かれることやお説教自体を求めているのではなく、深層心理の部分ではお説教やお仕置きの後にある、甘えるという行為で”愛情”を感じ、心が満たされてそれが満たされる原点になっているのではないかと思います。
これは無意識な部分なので自分で分かっていない子がほとんどで、だからこそ何故自分が興味があるのかを悩んでしまうんですね。

仮に叩かれていることに快楽を得ていると考えてしまうとしても、実はお仕置きの後の甘えることによっての愛情の補給的な事と錯覚していることがほとんどではないかと私は考えています。

こんな気持ちを理解してくれない人がほとんどですが、誰しもそれを体験したらお仕置きは心の安定になると感じるはずです。
自分の事を見てもらい悪いところがあったら教えてほしいと願う人ならば必ずお仕置きで心が救われます。
だから私はお仕置き好きな子という枠ではなく、お仕置きは人間には必要な心のケアであり心の癒しであり、心の安定であると思っているんです。

結局お仕置きに憧れを持つ子たちは子供心にこのようなことを思っていて、それが自分の心にしまっておけなくて爆発してスパ(お仕置き)の世界に入り込んでいるわけで、今の子供たちの一部も無意識にそのように思っていることは間違いのない事実だと思います。

かなり話がそれてしまいましたが、感情的に子供を叱りつけてしまう方、つい手を出して後悔してしまう方、罪悪感にさいなまれている方、その方たちに正しいお仕置きの仕方を教えたいと思ってしまいます。

「お仕置きは良い行為だ、正しいことなんだ」といっているわけではありません。
しかし感情的に怒鳴ったり、つい手をあげてしまっているということを前提に考えれば、それらの行為はマイナスであることに間違いはなく、それに比べお仕置きはプラスな行為だと思います。

お仕置きの方法はいたってシンプルな流れです、
その方法は次回に。



              戻る          Top