お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                    交通事故目撃


昨日車を運転中に交差点でバイクと車の事故を目撃しました。

原付バイクが直進しているところ車が右折をしてしまい正面衝突。
そのまま右折した車はバイクの運転手を車の下に巻き込み10Mほど進んで縁石にぶつかり停車。
この瞬間私はもう即死だと思いました。
事故現場から停車位置まで血が線のようについていました。

車を運転していたのは50代くらいの女性、バイクの運転手は30代くらいの女性でした。
小さい交差点でしたが、近くには家も店もあり、すぐに数人が駆けつけました。
私もすぐに車を止めて救助に向かいました。
女性は車に挟まれて動けません、意識はあるものの頭からは相当な血が出ています。
男数人で車を持ち上げましたが女性を引きずり出すくらいに車を上げるのは不可能でした、逆に少し持ち上げ無理でまたおろす、そうすると下敷きになっている女性の負担が更に大きくなります。
また人数もまだ少なかったので車を全員で持ち上げたとしても女性を引きずり出す人手が不足しており、救急のプロでもないので人の配置の指示なんかもできるはずもなく、救急車の到着を待つことにしました。
10分後、救急車が到着したましたが、レスキュー隊はきていません、一人の若者が自分の車の中からジャッキを持ってきてくれ、それで車を持ち上げることに成功。
救急隊員が下敷きになっている女性の足を引っ張りタンカに引きずる。
下はコンクリートの地面なので頭は地面にこすり付けられて引きずられています。
タンカに乗せると救急隊員の指示で私も含む男数人でタンカを持ち上げ、救急車に入れ込む用の滑車の付いたタンカに移動しました。
ジーンズは破れ、服も破れ、額もぱっくりと切れていました。
道路には近所の主婦が持ってきたであろうタオルが置いてありましたが血で染まり真っ赤でした。
救急隊員は女性に話しかけ意識の確認をしていましたが、昨日はかなりの炎天下、湿度も気温も高く、それなのに炎天下の下で話しかけていました。
たまらず私はしゃしゃり出て「せめてそこの木陰まで移動したらどうですか?」というと
隊員も我に帰り、太陽を見上げながら「そうですね」といい少しだけ移動しました。
そんなことしなくてもすぐに車に乗せればいいのにと思いながらも見ているとしばらくは外で話しかけていて、やっと救急車に乗せました。
しかし警察は遅い。
救急車が到着してから10分くらいたってやっと警察が到着、そしてレスキュー隊も到着。
警察くらい救急車の前に来れるだろうと思い、文句でもつけてやろうかと思いましたが・・・。
その後、パトカーが到着、事故処理の警官であったためやっと現場の片付けに着手しました。
交差点ど真ん中に放置してあったバイクやメット、破片にチョークで印をつけ、その後、集まった一般人数人で破片等を歩道に移動させました。
車のとおりもまあまあある道路で間接的な事故が起きてもおかしくない状況だったのでこれで一安心です。
その後、目撃者や当事者の聴取が始まり、手伝うこともないのでそこを後にしました。

しかしまだ救急車は停車したままです。
救急車というのは事故現場に到着し、患者を救急車におさめてから病院を探すため、受け入れの病院がなかなか見つからないのでしょう。
その間も患者の頭からは血が流れ続けているのだと思うといたたまれません。

その女性は必死に生きようとしている、流れ出る血にびくびくしながらもきっと救助してくれた人達や救急隊員に感謝をしているでしょう。
これからの手術やリハビリに何らかの感情を抱き、自分が生きていた、そしてこれから生きていくことを認識し実感していくのでしょうね。
それによって自分の存在意義、使命感、罪悪感などを考えるのかもしれません。

この女性はこの事故によってこれからの人生に変化が生じるでしょう、今後、この事故で死んでいればよかったと思うか、生きていて良かったと思うかはわかりませんが、少なくてもこの事故によって歯車が変わる可能性は大きいでしょう。
でもこれも宿命なのかもしれないですよね、どのようなことがあってもそれを現実に受け入れることが一番重要で自分と向き合うことで前に進めるのではないかと思います。

どんな結果になっても前向きに生きてほしいです。
一生懸命に救助活動をしてくれた方々には人間の温かみを頂くことができました、困った人がいたら助けるという当たり前のことが当たり前にできない世の中になりつつあるような気がしていたので少し心が救われた気分です。




              戻る          Top