お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                   心が苦しい時


人間は弱い生き物ですから一人で生きていくことはできないのではないかと私は思います。
心が苦しい時、精神が病んでしまったときにどうやってそれを乗り越えるか。

自分一人で抱えてしまう人は一番つらいでしょうね、それは吐き出す場所がないからです。
それでは他人に吐き出せばいいのかというと、弱音や愚痴を吐いたときに
「みんな辛い思いをしているから頑張りなさい」
「そんなのたいした問題ではない、そんなことで悩むな」
などと言われたらそれもまた辛いですよね。
愚痴を吐いたことを否定され、自分の気持ちを理解してくれないと、逆に落ち込んでしまう結果になってしまいます。
その結果、誰にも話ができないと殻に閉じこもってしまうこともあり、誰にも気持ちを理解してもらえないとより辛くなってしまいますよね。
自分が悪かったのかと責めてみたり、自分が間違っていたのだと言い聞かせたりして。

でも他人に否定されてしまったのは、あなたが間違っているのではなくて、相談した相手選びを間違えただけなんですね。
人によっては自分の価値観でしか判断できない人もいます、だからあなたを否定した人であっても、それは励ますために、その人のためを思って言っていることなのかもしれません。
だからこそ行き場がなくなって、余計に落ち込んでしまう結果となってしまうんでしょう。

否定されたということはあなたが間違っているといわれているのと同じですよね。
でもこれだけは言えます。
あなたは間違っていないこと、あなたの思いは正しく、だからこそ苦しんでいるんだということです。
それを理解しくれる人、共感してくれる人が必要で、その上で選択肢を与えてくれたり、アドバイスをくれたりして前を向かせてくれるような人が必要なんです。

似たような悩みを持つ同士が弱音を吐きだすことで思いを共有して気持ちが楽になる。
「しんどいのは私だけじゃないんだ」と自分から気が付くことができれば、勇気ややる気が湧いてくることもあります。
よく弱音は吐くものじゃないといわれることがありますが、私は弱音を吐くことは決して悪いことではないと思うんです。
むしろ心にとって悪い事は辛い気持ちを一人で溜め込んでしまうことだと思っています。
また似たような環境な人ではなくても、しっかりとあなたを理解してくれる人がいれば心が軽くなるはずです。

ただ、そういう相手がいない人、仲間がいない人は話をしっかりと受け止めて聞いてくれる人を見つけることから始めなければなりません。
ただそういう人を見つけるって非常に難しい事で、そういう人がいる人ってある意味とっても幸せなんじゃないかなって私は思います。

私はこの活動を通してお尻叩き抜きにしてもそういう人たちの心を少しでも楽にできたらなって思っています。
罪悪感の悩み、満たされない悩み、性的な悩みといろいろな相談をメールでもお仕置き時でも私は受けています。
そして私は利害関係のない第三者なので客観的に話ができるという点で話しやすいとは思います。
カウンセリングのように受容的に聞くだけではなく前向きになれるような言葉を発信していますから、心の焦燥を晴らしたいと思う人は一度利用してみることも何かが変わるきっかけになるかもしれませんね^^
まぁ、話を聞いてほしいなって思った人はメールフォームから連絡ください。

その他にもこの活動ではキーなのか、Мなのか、変な子なのか、いけないことなのか、など気にする人って結構いて、その子自身にとっては大きな悩みなんですよね。
区分けしたいなら区分けしてあげますが、私は別にキーでもМでも変態的!?でも、それは別にごっちゃでもいいんじゃないかなって思います。
それはお仕置きを受けて反省したいという気持ち、またはお仕置きがなくても心から話をしたいという気持ちだけがあればそれで充分だからです^^

心が苦しい時、罪悪感に苛まれている時に、心を吐き出す居場所があるって大切なことだと思いますよ^^






              戻る          Top