お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

             聞く耳を持てる人と持てない人


人間の成長にとって大切なことは、自分に欠けているものを補っていくことだと思います。
しかしそれには限界があって、いくら自分で補ったとしても気づけないことはたくさんあって、そこは指摘されない限りわかりません。
指摘とはお説教も含めてです。

そして指摘やお説教をされた時に、聞く耳をもって自分の成長につなげる力のある人と、一方、聞く耳を持たずにひどいことを言われたとマイナスに捉えてしまう人がいます。

聞く耳を持てる人は、叱られたことをプラスに捉えて自分のものにし、成長しそれがエネルギーにもなり、幸福感をどんどん感じ取っていくものです。
聞く耳を持てない人は、叱られるといじわるを言われたと思ったり、自己否定されたと感じ、全てをマイナスに捉えてしまいます。
これでは成長ゼロであり、腹を立てたり相手を憎んだりして、負の感情ばかりが心の中に宿り、そこからは幸福感を感じることはできず、不幸感に支配され続けるわけです。

素直な人は褒められたら嬉しく感じるし、優しくされたら感謝の気持ちを持ちます。
秘密を打ち明けられたら自分を信頼してくれた証だと喜び、慰められたら心も癒えます。
そして自分の悪いところを真剣に叱ってくれたら、親身に考えてくれていると感じて、心が満たされるものです。
それが素直な人であり、聞く耳を持てる人で、幸福を呼び込む人でもあるのでしょう。

一方、ひねくれた考えをしてしまう人は、褒められたら馬鹿にされたと思い、優しくされたら裏があると思ってしまう。
秘密を打ち明けられたらその裏の意図を探ろうとしたり、慰められたら同情されたと屈辱感を抱いたりします。
そしてその人のために親身に叱っても、いじわるやひどいことを言われた、全否定された、と感じ、落ち込んだり傷ついたり怒ったりして心がどんどん病んでいってしまいます。
これでは不幸を呼び込んでいるのと一緒で、聞く耳を持たない人からは幸福も逃げていくでしょう。
一つでも当てはまったり思い当たる節があるのなら、そのような思考になってしまっている可能性があるので要注意です。

私はこの活動を通して、日常的に相手の悪い部分を指摘してお説教をしています。
またブログにもこのような形で様々な意見を書いています。

聞く耳を持つタイプの人は、私の言葉には、ことごとく前向きに捉えるわけですが、一方、なんでもかんでも悪くとらえて、批判的に考えてしまう人や落ち込んでしまう人、怒りだす人も稀にいるんです。
両者に同じことを言っているにもかかわらずこの対象的な考え方は、やはりプラス思考マイナス思考の違いもあるでしょう。
しかしこの差が人生においての幸福感の差に現れるのだと感じます。

もちろんこのような思考回路になったのは養育環境やこれまでの人間関係が大きく影響しているのでしょうから、それを直すことはとても難しいことです。
後ろ向きな性格の人に前向きになれといっても難しいし、マイナス思考の人にプラスに考えなさいと言っても、理解はしても持続は難しいものです。

ですが、そういったマイナス思考の人にも幸福感を味わってほしいものですし、そうなるにはやはり聞く耳をもってプラスに、そして楽観的に言葉を捉えるということが必須だと思います。
人を信用できない人でも、自分を守りつつ、他人の指摘は真摯に受け止めて自分のプラスに考える、落ち込むのではなく一つ成長したと喜ぶ、親身に考えてくれたんだと心を満たす、そういう思考を意識して自分を変えていかなければ何も変わりません。

近親者のお説教や指摘は素直に受けることは難しいです、それはそこには少なからず利害関係があるからで、家族的になると余計です。
しかし私のようなサイト運営者や、その他のカーさん等がお説教をすると、そこに利害関係がないので、素直にお説教がきけることがよくあるんです。
もちろん私のところには依頼してくるわけですから、聞く耳を持っていて、その点ではお説教で納得させることは難しくはないのでしょう。

ただ、聞く耳を持っても納得のできないことに納得する必要はありませんし、納得いかないことをお説教してくるような人であればそれはあなたには合っていないということですからすぐに離れるべきです。
それでも自分の落ち度が1%でもあるのであれば、真摯に反省することは必要で、それが究極の聞く耳を持つことではないでしょうか。

そしてしっかりと納得できたら今度は罰であるお尻ペンペンのお仕置きを受けて、気持ちを切り替えることが必要でしょうね^^
お仕置きはネガティブなものではなく、ポジティブなものであってほしいし、マイナスの場ではなく、プラスの場であってほしい。
変に相手を構ってしまうことでもっと悪い方向にいってしまったり、成長の場が単なる甘えの場になってどんどん相手を困らせるようにはならないでほしいです。

困らせることで相手を振り向かせたり、それで反応してくれることに無意識に喜び、試すように愛情確認をしているようではいけません。それはマイナスのスパとなってしまうからです。
そうならないように私はいろいろと考えて対応していますが、自分自身の自覚が一番大切なことだと思います。
人間は気分が落ちた時には普段と違う思考回路で考えてしまったり、突発的に騒いだりしてしまいますが、そうならないようしていく努力は必要です。

私もお説教ばかりしていると、自分が正しいと思い込み、しっかりと相手の意見を聞く耳を忘れがちになることがあります、気をつけないといけません^^;
みなさんも聞く耳を持てる人間になっていきましょう。







              戻る          Top