お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

         初対面のキーさんとのコミュニケーション


初対面の時ってみなさんかなり緊張しますよね。
お仕置きを受ける側からしたら緊張してちゃんとしゃべれるのか心配だし、相手がどんな人なのかということでも不安がついて回るでしょう。

でも私の場合はさほど緊張はしていません、それはメールの段階で相手のことがある程度理解できているからです。
そして相手が反省したいという気持ちと正直に話をしたいという思いが必ずあるからです。
お仕置きを受けに来るということは自分のことをさらけ出すことですから、お仕置き理由に関しては話しをしなければ何も始まりません。
そういう気持ちで私と会うので、私が聞いたことに対しては話をしてくれるという保証のようなものがあるんですね。
ただ、それ以外のことはあまり話したがらない人とか、お仕置き理由のことでも緊張しすぎて黙りこんでしまう人がいます。
お仕置き理由以外の話をしないのはそれはその人の考え方でなので尊重しますが、お仕置きの理由自体で黙りこんでしまう人はちょっと困ってしまいます。

まぁ私が緊張していなくても相手が緊張していては話しになりませんよね。
それこそ形式だけのお仕置きになってしまい、お仕置き後に甘えるなんてできないと思います。
なので、私は初対面の時にはお仕置きの前に十分に時間を取り、まずはその緊張を解くことから始めます。
それがメインというわけではありませんが、初対面の場合は会話を通じて緊張感を取り除くということは、お仕置きと同じくらい重要なことと考えています。
なのではっきりいうと3時間ではちょっと短いという感じで、もし相手が2時間しか時間が取れないのであれば別の日を選んでもらうか形式だけのお仕置きになるということを告げています。

それとちょっと話がずれますが、私の場合、メールでのやり取りではすべての方に対して敬語で接しています。
なので、相手側も常識のある人であればそれに対して敬語で返ってきます。
で、名前も私はメールの段階では必ず「さん付け」で呼んでいるんです。
でも実際会うときはどうなのかというと会った時点で名前は呼び捨てにし、敬語は使いません。
そのことは最終的に会うときにメールで伝えるようにしています。

もちろん相手にも敬語禁止令を出します。
大体の人はぎこちない敬語になり、そこで私が「ほら、敬語になっているよ」と突っ込む、
みたいに笑いを交えながら、あえてお仕置き理由の話は避けて、お仕置き関係の話から仕事や学校関係の話をまずしていき、そこからいろいろな話を広げていき会話を楽しんでもらうように努力しています(汗)
あまりにも聞き上手な人の場合は私一人気持よくしゃべってばかりになる場合もありますけどね(笑)
会うまで敬語で接しているのは一人の人間としてどんな年齢の方でもしっかりと敬意をはらいたいからです。
そして会ったときは上下関係ではなく対等な立場で接し壁を取り除きたいので敬語を禁止しています。

そうはいってもお仕置きに来るような人は真面目で不器用な人が多いので、自分のことを話せない人もいますし、緊張すると根暗な感じになる人もいます。
そして何度注意しても敬語もずっと使ってしまう人も中にはいるんですね。
でも不思議な事にそんな子でもお仕置きが終わると普通に話ができるようになるんです^^

そんな中には調子に乗って暴言を吐く人とか、子供のように大人をからかう用な感じの人もいます。
それこそ最初は借りてきた猫みたいになっていた子たちがそうやって打ち解けてくれるのは嬉しいものです。
お仕置きって不思議な術ですよね(笑)
ただ、暴言や調子に乗ると私は目付きを変え「追加しようか?」と脅し!?それ以上の暴走は阻止しますけど(笑)

心理的に読み解くと、初対面の人にお尻を出されてお尻ペンをされるのは人間であれば恥ずかしい行為。
でも自分が悪いことをしたのだから罰としてお尻を叩かれて痛みを感じなければなりません。
恥ずかしいし痛いし、そこまで見せてしまえばもう緊張感なんて飛んでいってしまうんでしょう。
そしてお仕置きが終わると頭を撫でてあげたり抱っこしてあげたりしながらいろいろな話をしていくうちに、とても近い関係になってフレンドリーになるんだと思います。
私側に壁がないのを悟り、本人も壁を取り除いてくれるのでしょう。
こんな短時間でこんなに親しくなれるなんてお仕置き以外ではないのではと私は感じます。

コミュニケーションというのは誰にも言えない心にしまっている葛藤や罪の意識を私に打ち明けることにより深まり、その内容を受け入れたり客観的に話をしたりしながら心の壁を取り除いていきます。
それによって二人の関係が深くなることにつながるんだと思います。
その他にも恋愛の話や人によっては性的な話も、誰にも相談できないことを打ち明けることができる環境が目の前にでき、心を許すということにつながり、全て吐き出せ、心が健康になる要素なんだと思います。
私はお仕置きをする側であり、立ち位置としては恋愛対象ではないので、私に対して格好つけることも恥ずかしがることも見栄を張ることもないんです。
そのことを理解したり気がついたりして、そして私を信用してくれさえいれば全てを出すことができるんだと思います。

先ほど書きましたが、メールの段階ではお互い敬語です、しかも私は結構丁寧な敬語を使うので相手もそのように返してくる人が多いんです。
ところがお仕置き後のメールは結構砕けていてそれが可愛くもあり嬉しくもありおかしくもあり・・・。
そんな人達からお仕置き後に来たメールを私が運営しているサイトに先週アップしました。

アップした理由は前々からいろんな人からどんなお仕置きなのか、どんな雰囲気なのか、どのくらい痛いのか、どういう流れなのかとか質問が来て、その都度答えたりブログで判断してくださいといってきたのですが、せっかくメールがあるし出しちゃったほうが早いかなって思ったんです。
お仕置きをした何人かはお仕置きの感想をメールしてきてくれたのでそれならばアップしてしまおうと考えたわけです。

とにかく私のお仕置きの雰囲気もそうなんですが、彼女たちの砕けすぎたメール内容も面白いかもしれません。
その一つ前のメールまでは敬語だったってことを理解して読んでみると1日でそんななっちゃうの!?って感じです。
それが楽しいのは私だけで自己満足かもしれませんけどね(汗)






              戻る          Top