お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

               信頼関係→裏切り→絶望


ブログを書き始めてまだ日が浅いのですが、いろいろな人のブログを読んだり、お話したりしているうちに、何故自分は他人の心の闇に興味があるのかを考えるようになりました。
心の中身を覗いてみたいんですね。
以前までの私は心の中身に”興味がある”としか考えていなかったのですが、何故興味があるかまでは考えていませんでした。
今回ブログを書いたのは人生初のことなので、そういった部分でも自分を見つめることができているんだなと感じ、少しだけ嬉しくなりました。

心の闇を抱えている人の殆どは「人間関係」で傷つき苦しんでいます。
まあ、事故や災害、その他でも原因はあるのですが、人間関係がもたらす精神的な苦痛は誰しも経験しているのではないでしょうか。
また、自分が頭で考えている常識と今の自分の行動に格差があり心の中で葛藤したりする人もいます。
様々な要因があって自分の心を安定させる手段を持たない人は精神的にボロボロになり、生きていくことに疲れてしまいます。
それは人からの裏切りや仕打ちによって絶望を感じ続けると脳内に異変が起こってくるからです。
でも生きている、苦しみながらも死んでしまいたいと思っていても肉体は動き続けている。
そういう葛藤やひたむきさとか一生懸命なところ、そして本能的な行動というか人間臭さが私は凄く好きなんですね。
そしてそんな人たちの心を少しでも癒してあげられたらと私は思っていて、少しでも気持ちが楽になってくれるとそれで私も満たされることにつながるんです。

まぁ自分で言うのもなんですが、私自身凄く冷めています、何があってもすぐに気持ちの切り替えをし、動揺しないようにしてしまいます。
よくテレビで見るのですが、身内が死んでしまったときの感情的に乱れた姿、韓国人なんかが特にすごいのですが、あの体全てを使って泣く姿、あれを見る度に私もああやって感情を表に出せる人間になりたい。
と思ってしまいます。
実際はしたくても出来ないんですけどね。

だからそういう人間臭さや一生懸命に努力している人には、私に欠けている部分があるということなのか、凄く魅力を感じてしまいます。
しかしその中に駆け引きや嘘、打算等があると一気に覚めてしまったり、嫌悪を覚えたりしてしまいますが。
相手を思ってついた嘘はしょうがないと思います、でもそのことについて私が「正直に教えてくれ」といった時に相手がどうでるか。
「実は。。。」と教えてくれると、とても嬉しいんですね、そのことで私が傷つくとしても正直に言ってくれた勇気についての方が勝りめちゃくちゃ嬉しいんですね。
そこが私の変わったところです(笑)

そう、相手の心の中身は全て知りたいんですよね、それが私を傷つける内容だとしてもそれを知りたいし、それをきちんと教えてくれた人には怒りなんてなく、逆に感謝をします。
それだけ人の心の中身が知りたいんですよね。

で、最近ブログを通じいろいろな人と接し、気が付いたことがありました。
それは何故私が心の闇を求めているのかという根本的な問題のヒント的なことです。
結局は私も裏切られ、絶望を体験し、おそらくそれが原因で今の冷めた自分が出来上がったんじゃないかと感じたんですね。
いや、実際には最近感じたのではないんだと思います。
その絶望したことに対して現実はこういうものだと解釈をし、
「これからは自分を傷つけないために世の中はこういう目で見よう」
という感じで何かあるたびにそのことを思い出し、比較し、自己防衛して生きてきたような気がします。
そう。トラウマですね。

私の場合、刹那的な絶望だったため病的にはなりませんでしたけど人生観が変わったといっても過言ではありません。
何故今頃そのことに気が付いたのかというと、それはトラウマではなく、”教訓”だと思っていたからです。
でもそれによって自分の感情を無意識にコントロールしてしまう人間になってしまったのだからトラウマと呼ぶべきでしょうね。
つまり、私も心の闇があったんですね、これが心の闇とは考えもしなかったのですが、ここでいろいろな人と知り合い、自分を見つめているうちに気がついたという感じです。

中学3年、その当時の先生像というのは絶対的に信頼できる存在として認識されていました。
父兄が文句をつけに来るなんてことは殆どなく尊敬され、体罰も一任されていた時代です。
今まで大人たちが子供に言い聞かせてきた言葉、今もきれい事の代名詞として使われていますが、(この時点でトラウマ出てますね(汗))
それを純真無垢に信じていた私。
そしてそれに向かって人生最大の努力をしてました。
勉強というものではなくまぁ他のことで誰にも負けていない自負がありました。
2年間ですが、死ぬ気で頑張りました。

そして中3の夏。
裏切りです、
その言葉がきれい事だったということを思い知らされました。
そして絶望。 

それからは自分の心が苦しい思いをしないように、傷つかないようにと冷めてしまいました。
人も信用できないようになってしまいました、とはいっても99%は信用しているんですよ、でもどうしても1%は信用していません。
それがどんな人でもです。
そしてその1%があるから傷つかないですんでいるんでしょう。
でもこういう私みたいに切り替えが出来ない人は実際いますし、そういう人はものすごく苦しんでいますね。
居場所も吐き出す場もない人は病的になってしまうでしょう。

結局私が心の闇に興味があるというのは自分と同じく絶望を知っている人と何かを共有したいからなのかもしれません。
そういう人となら分かり合えるかもしれないと。
熱い人間になりたい、がむしゃらな人間になりたい、一生懸命な人間になりたい。
でももうなれない。
だったらそういう人の心を一時的でも吸収して自分を浄化したい。
逆に私が、少しでも気持ちを楽にしてあげられるものならそうしてあげたい。

そんな気持ちなんだと思います。
それがお説教やお仕置きを通じて私が欲している事なんだと思います。




              戻る          Top