お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

              お仕置きに目覚めたのは


私がお尻叩きに目覚めたのはいつだったのでしょう。

よく考えるとお尻叩きに目覚めたのはといわれると全くわかりません、それはお尻叩きはお仕置きの一種という認識だからでしょうか。
しかしその予備軍的な思考や性格が出来上がっている実感を覚えているのは中学生になった頃でしょうかね。
ま、それは直接お尻叩きには関係ないのですが今の私に通じる根本的な部分です。

実は私は、お尻叩きをしたいからお仕置きを好んでいるのではなく、精神的な部分である心を覗き、人の本質的な部分といつも接していたいからという理由が大きいと思います。
その中で悪い事があったら叱り、罰を与えたくなり、その罰は精神的でも肉体的でもいいですし、叩くところは別にお尻にこだわりません。

まぁそれによって相手が満たされたり、安定したり、少しでも気持ちが楽になったりすることは嬉しいですし、それによって私も満たされるんだと思います。
要は人間の嘘のない純粋な部分に触れていたいんですよね、そういうことは日常生活では難しいですが、唯一お仕置きの関係では可能だからとてもいいんです。

こうやって書くとお尻叩きとは全く違うんですけど、中学のときは女の子の嫌がることや恥ずかしがることをしていました。
お尻や胸を触ろうとして相手の反応を見たり、帽子を胸に投げつけて反応を見たりです。
それで怒ってもいいし恥ずかしがってもいいのですが、要は素の部分の顔を見たかったんですね。
ちなみに触るのではなく、触ろうとするだけです←ここ重要(笑)

さすがに空気を読んでいたので誰にでもやっていたわけではないんですけどね^^;
女性がそれでも動じないとエスカレートして軽く触れたりしちゃっていましたけど、その時の相手の素の反応がとても好きだったんです。
相手も予期していないのでその人の”素”が見れる瞬間でもあるからです。
お尻叩きというよりも完全なSっ気なんですけどね^^;

会話の中でもあえて話しにくいことや恥ずかしいようなことを聞いて相手の反応をじっと目を見て確かめたり、その微妙な瞬間を逃さないようにしていたりしました。
仮面をかぶっていてもそれが脱げる瞬間や、口先だけで繕っている部分を暴いたりとか、そこで人間の裏の部分や隠したい部分が覗けて人間の本質的な部分を感じて満たされていたんですね。

まぁ解釈によっては”ドS”ということになってしまうんでしょうかね^^;
まぁドSですけど(笑)
つまり私にとってそういう行動は人間の隠している部分に触れる手段であって、それがエッチな会話でも言いづらい事でもお仕置きでも、相手が絶対的NGでなければあまり大差がないんです。

こういう性格なのでお仕置きにとても相性がよく、相手からそれを望んで心の中身を見せてくれるので、これまでの一方的なものではなく、私にとってはとても居心地がいい場所なんですね。
でも、このお仕置きの関係が進んでとても仲良くなっていくと、相手は嫌われたくないという思いが強くなって嘘をつく要素にもなっていきがちです。
なのでそこは念を押して嘘で取り繕う事の無いようにいいますし、嘘をつく必要のない間柄を意識さえるように接しています。
そこに嘘があるならば私との関係は無意味なものとなってしまい、私と一緒にいる必要性がなくなりますし、私も本心が覗けないことになってしまいます。

一生懸命な姿、がむしゃらな姿、必死な姿、本能的な姿、素の姿、恥ずかしがる姿、嫌がる姿
これらに私は凄く魅力を感じるんです。
性格はSなのでしょうけど、私はただ単にお尻を叩くだけの行為だったら魅力を感じません。
すべてに共通していることは演技ではなく、素の部分を垣間見れること、その中で反省すべき悪いことがあるのなら、償いをさせるために演出し、様々な手段を講じるということなんです。

なので悪いことの理由が無ければ罰したいと思いませんし、理由があって初めてお仕置きをしたい、痛みをもって懲らしめたいという思いが湧き出るのですが、その痛みで罰する場所はお尻でなくても構わないんです。
そういう意味でも私はカーさんではないのでしょうね。
といっても素直に罰を受けさせるのに適した場所はお尻だとは思います、そしてそれを求める人がいるのなら(キーさん)罰する部位はお尻でも構わない、そういう考え方なんです。

10代の頃の話をすると、
彼女がベッドでお尻を出してぐうたらしていたとします、そうすると押さえつけてお尻ペチンします。
「いつまでお尻出してんだよ、パンツくらいはけよ」
といって何回か叩いたりしていました。
服を着ていても、失敗したり、だらしないことをしていたり、理不尽なことをしていたときには屋外屋内関係なく通行人がいても服の上からお尻を叩いていましたね、まぁ今でもそうですが(笑)

お尻叩きは相手側が嫌がるのに魅力があって、だからお仕置きが好きなんです。
かといって暴れてくださいという意味ではありませんので誤解しないようにしてください^^;
まぁお仕置き好きの人でもお尻叩きだけは嫌いでいてほしいんですよね、もしお尻叩き単体が好きならばそれはお仕置きにはなりませんから^^;

そして個人的な見解ですが、私は「ごめんなさい」という言葉が好きです。
なので「すいません」とか「ごめん」といったとしたら「ごめんなさい」といい直させます(汗)
ま、これは完全に個人的な好みです^^;

実は、今の日常でもそういうキーさんという枠ではなく一般の人に、お尻ペンを結構しています(汗)
話を普通に楽しく出来るような人が何か突っ込み所がある発言や行動をすると
「これはお尻ペチンだなー」
といってお尻を叩くふりをしてギリギリのところで寸止めをしたりします。
その時の女性の反応が見ていて楽しくてしょうがありません、しかも触れているわけではないので向こうも悪い気してないでしょうし。
ま、この部分はSでしかないのでしょうけど^^;

結構仲がよくてスキンシップも出来るような友達だったら普通にお尻叩きます。
これってソフトに叩くと触っているようでいやらしいので結構強めに叩いています。
「ちょっとー、いーたいーー」
といいますが、一応笑っていますよ。
って笑うしかないのかもしれませんが(汗)

今まで叩いてきた人の中にキーさんはいたのでしょうかね?
もしいたらその子はその日1日ドキドキして大変だったろうな・・・と思います^^;

今の私だったら少しお話したらキーさん要素があるのかどうかがわかるので、そういう子にはさりげなくスパのキーワードを伝えて反応を楽しもうと画策していますね^^



              戻る          Top