お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                   お仕置き観 1


先日2年半ぶりにお仕置きをしたのですが、実際問題、これだけ長いブランクを埋められるかという思いはありました。
しかしやってみると以前と何も変わらずに話ができたので少し意外でした。

この2年半の間、私もいろいろな経験をしたこともあり、焦燥に駆られている人たちの気持ちが更にわかった気がしました。
なので今までの私と比べ、より深い心の部分で相手と通じ合えているような気もします。
2年半のブランクで感覚が鈍ったということはなく、むしろ細かいところの感覚が研ぎ澄まされたような気がします。

昔、SMでのお仕置きをしていたころから私は、お仕置きをしたいからお説教をするという逆転的な発想でお仕置きをしていました。
しかし、今回のお仕置き、そして活動再開してからの様々な方とのメールのやり取りを通じてそれが変化していることに気が付きました。

それはお尻叩きという行為は私にとって、あってもなくてもどちらでもよくなっているということなんです。
あってもなくてもどちらでもいいというのは、仮に相手が「明日はお仕置き無しで」となった時に話だけでもいいということです。
それではお仕置きがなくて何をしたいのかというと、それはその子のために話をする、それは成長の為であったり、悩みのアドバイスであったり、自己分析のお手伝いだったり、性癖の話だったりと、そういう話だけでも十分なんですね。

ただ、そこで悪いことが発覚したら当然罰したいと思いますし、痛みで懲らしめたいと思います。
お仕置きはしたくなりますが、事前にお仕置き無しということを聞いていれば、しないでも全然かまわないんです。
当日だとそれはお仕置き逃れの言い訳とも取れるので無効ですけどね(笑)


お会いしたらまずは対話です、対話によりある程度相手を把握出来、反省内容も根掘り葉掘り聞いたら、次にお説教になり、なんで悪いことなのか、どうしてやめなければならないのか、どうやって直していくか、ということを話し、納得させなければなりません。
私の場合は、一方的に理由を述べて叱るのではなく、根本から直すために相手を説得するようにお説教をするんです。
私の考えを聞かせ、それに対して相手の想いを聞き、根本の考え方を正していくという感じです。

対話とお説教があればそれだけでしっかりと反省でき、”明日からちょっと頑張ってみようかな”という気持ちになるのではないでしょうか。
それが続くかどうかは別にして、大事なことはそういう意識になれたかどうかということなんです。

人によって顔に出やすいタイプもいますが、最初に会った時の顔と別れるときの顔が全然違うことがあります。
緊張しているとかそういう問題ではなく、体から出るオーラのようなものが顔から出てくるんですね。
そういう子を見ると私もエネルギーをもらえるんです^^

そしてお仕置きです。
このお仕置きは事前にいっといてくれれば無くてもいいのですが、基本的には悪いことをしたらその償いの為の罰は必要だと思っているので、痛みをもって清算させたいと思っています。
悪いことをしたら罰を受けなくてはなりません、その罰はお尻叩きであって、痛みをもって懲らしめたいと私は思ってしまいます。

悪さや罪悪感というものは反省したからなくなるというものでもありません、それは真面目で不器用な人ほど強く思うものです。
さて、それでは何をもって清算をするか。
自分では裁きはできませんよね、だからといって他人から何かしてもらうにもそんな施設はありません。
だからこそ、その場でお尻叩きのお仕置きをして心に残った罪悪感や罪を愛情を持って清算してあげるんです。
お仕置きで全て清算したら、最後の仕上げある許しとスキンシップをし、優しい言葉をかけ対話する、それで完結しますよね。


しかし、本心で、お尻叩きが必要ないという人であればお仕置きをしなくても私は大丈夫です。
そういうこともあって、私のサイトではお尻叩きのお仕置きのないカウンセリング部屋という項目を新設したんです。
この開設にあたっては、お尻叩きのお仕置きはなくてもいいという、私の気持ちの表れでもあります。

実際はそのような人にも間口を広げただけで、お仕置きに依存している人やお仕置き欲の強い人でも、キーさんでも、Mさんでも、心の闇をどうにかしたい、ぶつけたいという気持ちがあればどうぞ利用してください。

また、私の接し方のコンセプトは”家族的”です。
そこらにあるカウンセリングルームやクリニックのようなドライな雰囲気ではなく、言いたいことやわがままを自由に言えるような雰囲気を作るように心がけています。
少しずつでも信頼を深め、全て包み隠さず話をしてほしいですね。
嘘を前提であっても心からすっきりすることはないでしょうからね。

でももし言いたくないことがあれば、「言いたくない」「今は言えない」「後で言うから」といってくれればいいんです。
なんだったら「別に」でも「忘れた」でも構わないんです。
嘘をつくことだけは避けてもらいたいと思います。

人は一つの嘘をつくとそれに付随して7つの嘘をつかなければならないといわれています。
その7つの嘘に更に嘘は重なり、とんでもないことになっていきます。
そうなってくると嘘で塗り固めた関係となり、それでいいなら私も嘘って知らないで話をきいているのでいいですけどね・・・。
でも私はそれは嫌です。すべて赤裸々にその人の事を知りたいし、そうであるからこそ本気でそして親身にその人と向き合いたいと思うんです。

ちなみに最初についた嘘は、例え些細な嘘でも、くだらない嘘でも後で撤回しづらいものです。
だからこそ、”ちょっと言いたくないから嘘ついちゃおう”と思ったときは必ず逃げ道を作っておいてほしいんです。
そうしておくことで後になって言いたいときに言うことができるんです。
後になればなるほど嘘を告白できない辛さは強くなりますからね。

もし頑なに話すことを拒否するならば、私はそこを強く追及したりしません、そのことを今後一生私に言わなくてもそれはそれでいいんです。
なんでかというとそこに嘘は存在していないからです。
私が恐れていることは、私との間に嘘が混在し、それによってその人にとっての唯一の居場所をその人自身で汚してしまうことなんですね。

汚すというと大げさかもしれませんが、やはり私との間に嘘があると罪悪感が付いて回ったり、心の真実を告げることができず、せっかくの居場所なのに心が晴れなくなってしまうことにつながるんです。
だから嘘をつくんではなく言わなきゃいいだけなんですね。
もし今後私のところに来ようと思っている人がいるのならば、このことだけは頭に置いといてくださいね。

ずっと嘘をついてて、かなり経ってから「実は・・・」といってくる人がたまにいますが、そうしたとき私は嘘は悪いことだけど、それを告白した勇気は凄いことだし、それについては私はすごく嬉しいし、褒めてあげたいと思うくらいなんですね。
だから嘘の告白で呆れるとか見放すとか怒るなんてことは絶対にないので、そこは信頼して後からでも告白してほしいと思っています。





              戻る          Top