お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

                 お仕置き道具の使用


お仕置きの道具の使用については人によって考え方が様々ですよね。
私の場合は基本的には物差し、大き目のしゃもじ、ケインです。
人によっては家庭にあるような道具を希望するので確認して道具を選びますし、ケインは虐待的とかSMっぽく感じるから嫌だという人には使いません。

でもなぜだか私は鞭を使うというようなイメージがあるようなんですよね^^;
鞭なんて初めての人にはほぼ使わないし、いつも来ている人にでも相当悪い事でない限り使用しません。
むしろいつも来ている人には平手のみという場合もあるくらいです。

だけど、「お仕置き後の感想」の中には鞭も登場するのでそれでいつも使うようなイメージになっているのでしょうか^^;
ただ、鞭を使用する場合は必ず本人の承諾を得ています、承諾を得ないで鞭を使用したことはありませんので。
なのでそんな変なイメージは持たないでもらいたなって思ってブログを書くことにしました(笑)

私のお仕置きの基本形は、まずは平手のペンである程度叩いてから道具を使用してのお仕置きとなり、最後はまた平手になります。
その中で事前にNGや使用してほしい道具があれば要望通りにしていますし、初めての人には要望がなければ数種類の道具を使うように心掛けてはいます。

ちなみに当然のことですが、道具NGの場合は平手でのお尻ペンしかしません。
また家庭的なお仕置き道具希望であれば、その道具を指定してもらいます。
こんな感じで道具の要望があればその約束は守っています。

といっても、平手のペンのみ希望の場合でも、体験的に道具を勧める場合はもちろんあります、どういう気持ちでNGとしているかわからないので、軽めに体験することを勧めます。
でもその時に断ってくれれば道具を使用することはないので安心してください。

また、今はカウンセリング部屋というカテゴリーもあります。
これはお仕置き無しでの対話のみというものです。
ここから私のところに来た人でも、一応、お仕置きの勧めをします。

断ることはもちろんできますが、中にはお仕置きを希望する人もいます。
「お仕置き後の感想」を見て「カウンセリングでも結局お仕置きされちゃうんだ」って勘違いしてしまう子もいますが、それは違います。
あくまで本人の意思でお仕置きを受けるのであって、決して強要ではありませんからね^^;

まぁ、普通に考えてわかるとは思いますが、約束と違うことをしていたら、あんな感想なんて書いてこないだろうし、悪い噂もたっているでしょう。
なので、そういう不安を持っている方はどうぞ安心して連絡をくださいね^^

話しがずれてしまいましたが、私は道具は痛みを感じさせるため、悪いことの罰として懲らしめるために使用しています。
なので2回目以降で”NGのない人”にはケインを使用することが多いと思います。
これは軽く叩いても痛いし、軽めの連打もきくし、痛みを与えるにはもってこいの道具だと思っています^^






              戻る          Top