お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

            お仕置きの受けさせ方 (心構え)


お仕置きの方法や姿勢などはいろいろな好みもあってよく話題にもあがりますが、お仕置きを受ける側の心構えって触れることはあまりありませんよね。
あまりというよりもほとんどといったほうがいいでしょうか。
まぁ最初にお仕置きをするときにお仕置きする側がそういった話はするんでしょうが、それが表に出てくる事はあまりありません。

お仕置きをするにあたって、どのようにお仕置きを受けさせるべきかという心構えはみなさんしっかりと話はしていると思いますが、極端に分けると二通りだと思うんです。

一つ目は悪い事をした罰なのだから痛くても我慢して耐える、耐えることで反省の姿勢を見せる。
二つ目は嫌がって抵抗してもいいけども言葉や態度で反省の姿勢を見せる。
まぁ理由なしという人もいますしお説教なしという人もいますがそれは論外ということで^^;

一つ目は抵抗や嫌がるという事を超えていて悪い事への罰なのだからお仕置きは受けなければならないもの。
我慢できてこそ反省しているとみなされるので必死に我慢して耐えなければお仕置きは終わりません。
ある意味儀式的なお仕置きで上下関係の体罰的なお仕置きだと思います。
また、これにプラスして自分から「お仕置きお願いします」を言わせたりとか、自分でパンツを下ろしてお仕置きの体勢をとらせるとかいうこともさせる場合がありますよね。
耐えるのが基本なのでお仕置き中はあまり会話もなく、本当にこれは罪の償い的で懲罰的な重い雰囲気なんですね。
まぁ自分でした事にはお尻ペンという形でしっかりと責任を取る、そして耐えなければ反省とみなされないということなのでそういう心構え、心の持ちようが必要になってきます。
ただこれは痛みを意識的に排除しようとして頭を真っ白にしたり無にしたりするので本来の痛みをそこまで感じないという難点もあるみたいです。
痛いのは痛いのですが、意識的に痛みを麻痺させてしまい痛みの限界点を超えてしまうので、しっかりとお尻の状態を見ていないとお尻に傷が付いたり流血してしまったりということも起きてしまうこともあるので注意が必要だと思います。。
欧州系のお仕置きではこういう雰囲気が多そうですね。


二つ目は、嫌がっても抵抗しても構わない、それを押さえつけてお尻ペンをする。
これは日常的な日本の子供に対するお仕置きの雰囲気ではないでしょうか。
日常的と言っても現在はほとんどお仕置きはないようですね、少し昔の日常です(汗)
でもこれって、本気で抵抗されるとかなり疲れるんです^^;
本当にお仕置きが嫌で逃げたい気持ちがあるから、たとえ悪いことをしたとしても素直に受けたくないんですね。
だから「ごめんなさい」とか「反省した」という言葉で許してもらおうと頑張るのです。
まぁでも悪いことをしたらお仕置きと決まっているのでお尻ペンするのですが、嫌々してしまうところが子供っぽくて可愛い面もあるのですが、そうしているとお仕置きが終わらないという事にそのうち気がつくんです。
結局は静かに我慢して耐えていたほうが早く終わったのにっていう結果になるのですが、学習能力が不足しているのか、毎度毎度こんな事を繰り返すみたいなところがありますよね(笑)
これの利点は、嫌がって声を出したり逃げようとする意識を持っているので痛みもより強く感じると思います。
痛いから嫌だという意識でより痛みを感じるのであって、耐えるお仕置きと違い頭を無にすることはあまりないのでより痛みがリアルに感じることができると思います。

さて、私はどちらのタイプかというと、それはどちらもです(笑)
というか、中間というべきでしょうかね。
そもそもこの二つは極端に分けたものなので、だいたいの人はその中間でお仕置きをしていて、そのどちらの度合いが強いかというところだと思います。

私がどちらの度合いが強いかというと、それは二つ目で説明した抵抗して嫌々するほうの度合いが強いですね。
でも最終的には「反省しているならしっかりとお仕置きを受けなさい」という言葉が出て耐えてもらいますけど(笑)
その方が人間の感情ややり取りを感じる事ができて私は好きなんですね。

一つ目の「ただ我慢して受けるだけ」のお仕置きは極端になりすぎると人間味がなく奴隷や人形のようで嫌なんですよね、物を叩いているようでなにかしっくりときません。
最終的に人間同士のやり取りの過程があって我慢させるのはいいんですけどね、最初から暗い感じでお尻を叩いてお仕置きを受けさせるような儀式的なのは好きではありません。
なので私の場合は最初は嫌がったとしても、途中から我慢して耐えさせるという雰囲気に持っていくという感じですかね。
まぁどういう形にせよ、相手には愛情を持ち相手の事を想ってお仕置きをすることは前提です。
真面目にお仕置きを受けるような真っ直ぐな考えの人は私は好きなので愛情がもてるんですよね。

余談ですが、私は初対面でのお仕置き前には「暴れても泣いても嫌がってもいいから自分の気持ちを全て出しなさい」と言うようにしています。
しかしそれも最近になってどうかなって考えています。
体力のある子が限度を超えて嫌がるとそれこそ真冬でも汗だくになって本当に大変なんですよ(笑)
だから基本は耐えることを前提にした上で抵抗させようかなって多少の路線変更を考えています(汗)

なんで路線変更しようと最近思ったのか、、、そのお話は次回にでも…。






              戻る          Top