お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
               
お仕置きの部屋 ~お尻叩きの世界

            お仕置きの受けさせ方 (心構え)


いきなりですが、そもそも私は過去精神的な心のやりとりを求めSMの世界を経験してきた人間です。
まぁSMの世界といったら大げさなのですが、単に人間の本質や素の部分を求めるためにSM行為を好んでいたというのが正しいでしょうか。
相手の嫌がる顔や喜ぶ顔、必死な顔や本能的な反応が見たい、そのような人間の本質的なところを追求したく、仮面をとった素の部分である精神的な心の動きに興味があったんです。
最終的にたどり着いたのは精神的なSMであって快楽的なSMではなかったんですけどね。

お仕置きに憧れを持つ子達がスパの世界を知る前は、自分はMなんだと思い込むのですが、それは一般的にはSMの知識しかないからです。
でもSMの動画を見たりすると気持ちが悪いと思ったり、そこまでじゃない人でもSMの体験をしてみると違和感が出てしまうことがあって、そういう人はM性がない、根っからのキーさんなんでしょうね。
自分は何なのか、何者なのか、変なんじゃないかと葛藤して、後からスパのお仕置きの世界を知ると、自分だけじゃなかったんだ安心して感動してしまうことはよくある話です。

私はそれとは違うのですが、似た部分はあるなぁと前からよく感じていたんですよね。
スパの世界も昔は知りませんでしたが、SMの世界でそういう世界があると知ったのですが、その時に知り合ったキーさんと向き合うことはしませんでした。
キーさんの存在を否定していたというか俗にいうS目線でキーさんを見ていて、変わったMだなぁ、面倒臭そうだなぁという印象しか持っていませんでした^^;

しかしそれから長い間に何人かのディシプリン派のキーさんと出会い、その中の一人と関係を持つようになり、その時に主従関係を構築しようと試みたり、キー心理というものを探ろうと分析したりしていたのですが、その時に初めてM的な嗜好を全く持っていない子だとわかり、これがカルチャーショックだったんですね。
肉体的快楽ではなく、精神的な部分で家庭的なお尻ペンペンを求めている人もいるんだなと知り、肉体的な性欲にまみれていないその健全さは私がSMの世界では諦めていた所でもあったので、そこで初めてキーさんに向き合い始めたんです。

エッチなことやSMではなくて、親身に叱られ、罰としてお尻ペンペンされ、許しがあり、抱きしめることで甘えられ、その一連のお仕置きの流れで愛情を感じて満たされるのディシプリン派のキーさんであり、それがキーさんの根源だと私は感じます。
それが私の追求してきた部分と大きくかぶり、需要と供給の関係からキーさんとびったりと合致したという感じです。

結局今お仕置きの世界にたどり着いた私がいるのは”SM”を追求した結果だったんだなって思います。
SMをいろんな面でしっかりと経験してきたからこそお仕置き観が固まったし、その経験をしていなければ今の自分は違うところにはけ口を向けていたんだろうなと思います。

MはSに被虐されることに喜びを感じ性欲を満たそうと求めてしまいます。
私がMに嫌がることをしているはずが、いつの間にかMは自分の性欲を満たすために”もっともっと”と過剰におねだりすることがあります。
それが行き過ぎちゃうと相手によっては冷めてしまう自分がいました。

結局私はM性だけでは絶対に表現ができないことを望んでいたんですよね。
肉体的快楽として「お仕置きしてください、もっともっと」的に性的快楽を望む人には、お仕置きをしたくないという気持ちがどんどん膨らんでくることもあります、それはそれが相手を苦しめ、加虐することになるからです。
でもそうなると自分の加虐的なはけ口はなくなり、結果飽きてしまうということもありました。

そういう快楽の顔ではなく、私は嫌がる姿、痛がる反応、必死な表情、本能的なしぐさ、などで人間の本質を見たいタイプのSなので、そこに性的なものはなくていいし、むしろない方がもっと興奮度があがるんですね。
なのでSMの世界にいた時に肉体的快楽のSMから徐々に精神的な部分のSMにシフトチェンジしていったんです。
そこの部分を更に追求していった結果、究極的にはそこらのノーマルな一般人をお仕置きしたいという思いが強くなっていたんですよね(汗)

そしたら本気で嫌がるから素の部分が見れるだろうし、人間の本質が見れるなと思うようになったんです。
でも同意がなければそれは悪いことなので、そんなこと出来るわけないしと葛藤したりモヤモヤしたりしていました^^;
そんな時に根っからのキーさんに出会い、ノーマルではないにしてもM性だけを持っている性欲の塊な人と比べても限りなくノーマルに近いし、お尻ペンペンは好きでも嫌だという前提でお仕置きを受けるので私の需要と合致したんですね。
更にキーさんの需要にもマッチしているというすごく相性のいい出会いだったんです^^

昔の私はキーも所詮お仕置きを求めている部分では同じだからMと同等に考えていたところがありました。
「私はMではなく根っからのキーです」なんて言葉はただのくだらないプライドにしか捉えていませんでした。
まぁ私が最初に知り合ったキーさん達がそうだったので結局は変態扱いされるのが嫌だという気持ちだけでキーを名乗っているのかなって考えてしまっていました。

でも今考えるとSである私に興味を持つ自称キーさんはキーではなくMだったんでしょう^^;
結局Mという部分は被虐を求めているので、いじめられたり叩かれて興奮するという性的な”性癖”ですが、キーは叩かれる痛み自体で興奮することはなく、自分のダメなところを叱ってくれたり成長のために親身に接してくれることに愛情というものを感じる”性格”なんですね。
ただ、その罰としては絶対的に”お尻ペンペン”が必要なんですが、その痛みで興奮するわけではないので、それは性的な性癖ではないんです。

もしお尻を叩かれて興奮するようであれば多少のM性をもっているんでしょうが、自分自身が何をより多く求めているかの問題なのでそこは問題ありません。
女性は基本受身なので殆どがM性を持っていると思いますから、その日の気分で今日はキーモード、今日はMモードとしてもいいですし、実際Mでキーである女性はそんな感じで分けています。


話を戻します。

キーさんへのお仕置きは、それこそ私が思っていたノーマルな人をお仕置きしたいという願望そのものです。
もちろんキーさんはお尻ペンペンされたいという願望を持っているので、お尻ペンペンされたいのですが、お仕置の時は”お尻ペンペンされるのはヤダ!”という前提でお仕置きを受けるので、ノーマルの人へのお仕置きと疑似的でありますが、同じようなものなんですね。
それはMのように叩かれるのを嫌がりながら興奮するのとは違い、実際に痛いのは嫌なので、”お尻ペンペンはヤダ=痛いのはヤダ”となり、自己欺瞞ですが本心からお仕置きはヤダ!になるんですね。
それこそノーマルな人にお仕置きと同じことなんです。
それに加えてそれまで私は加虐として相手を叩いていたのが自然とその子のためにという愛情で叩けるようになっていったのも事実です。

ただ、Sの面が出てしまっているというか、、、まぁそれは良い面だと思うのですが・・・。
それは悪いことをしたら懲らしめる為に痛みをもって罰するのですが、そこに妥協がないってことなんです(汗)
いくら必死にごめんなさいをしても気持ちがこもっていなかったらお仕置きは終わらないし、泣こうが叫ぼうが絶対してはいけないことを繰り返したら、罪の償いという意味合いで厳しく叩けるんです。
この子のためにという思いが後押しをしているんですけどね、あれだけ必死にごめんなさいをしているのに叩ける私も我ながら・・・、と思ってしまいます(笑)

これはパートナー関係にある人限定ですが、お仕置きでは相手が限界を超えたとしても、相手がそれで怒ったとしても切れたとしても私は妥協はしません。
大好きだからそこまでするんです、それで理解できないと言って嫌われたとしてもそれでいいと私は考えています。
そのうち私の気持ちを理解してくれるだろうし、私の元から去ってしまってもそういう気持ちは必ずあるはずだからそれでいいんですね。

離れるのは相手の選択だし、それで幸せになるのなら私は喜んで自由にさせます。
決して見捨てるのではなく、離れてしまったとしても私は相手をいつまでも忘れはしません。
そしていつか気まずい思いをしてまでも戻ってくるのなら暖かく迎え入れますし、そういう子も可愛く感じてしまうんですね^^
本当に私の方向性は親と子供って関係性で無償の愛なんですね、お仕置きでどんなことでも全て許せるってところが。
私は愛情を持って接しているので、いつか必ず相手は理解してくれる、そういう信念が根底にあるからできることだと思います。



話がそれましたが(汗)

ディシプリン派のキーさんはお尻を叩かれるだけの行為は求めてない人が多いんですよね。
叱られることで愛情を感じるんです、どうでもいい人を叱るなんてしませんからね、そういう意味で愛情を感じてしまうんだと思います。
ま、叱る前提に愛情をもって親身になっていることはいうまでもありませんし、お仕置きの後のアフターフォローまでの一連で愛情を感じるわけですけどね。

それを求めてしまっている以上、お尻ペンで痛みも感じなくてはならないんですね。
自分が求める愛情を手に入れるにはそれなりのリスクも必要なんです^^;
だからお尻ペンの最中は本当に嫌だしやめて欲しいことなはずなんです。

キーさんがお仕置きを求めるのにはお尻ペンペンされたいからなのですが、なぜお尻ペンペンされたいのかということは深層心理という無意識の中に答えがあって、そこが自分自身わからないから”自分は変だ、こんなことやめなきゃ”と思ってしまうと思います。
単純にお尻ペンペンされたいというのと、理由があってされたいのではやっぱり違いますからね。

お尻を叩く行為は愛情がないと出来ません、そして愛情をもってお尻ペンをすれば相手にも伝わります。
お説教やお仕置き、その後のスキンシップの一連のお仕置きを通して、自分はこの人から愛されていると感じ承認欲求を満たしてくれるので、叩かれている最中は本当に嫌だけど、お仕置きが終わった直後やその日の夜、または痛みが消えかけた数日後にはまたお仕置きを求めてしまったりするものです。

すなわち愛情や自分が存在している証を求めているのであってお尻叩きはその手段や過程として最適なだけなんですよね。
ディシプリン派のキーさんもカーさんも見失いがちですが、メインは愛情をどう受け取るかで、その愛情伝達の手段としてお尻ペンペンがあるわけです、なのでそこには相手に真剣に向き合ったり、心の対話であったり、そしてアフターフォローが必要なんですね。
お尻ペンペンにキュンとするのは、きっかけであったアニメや絵本、実際のお仕置き風景に愛情を感じたからなので、本来はお尻ペンペンされたいんじゃなくて、愛情を受け取りたいということなんですね。
そことお尻丸出しのお尻ペンペンという衝撃的で恥ずかしくて、見てはいけないように感じるドキドキ感が重なって、脳裏に焼き付いてしまった事から、愛情を受け取る手段としてお尻ペンペンは絶対にないと満たされない状態になるんだと思います。
だからそういった流れのお仕置き行為はとても理にかなっているんですね、究極の愛情伝達手段といってもいいのではないでしょうか。

理にかなっているというのはそれだけではありません、精神的な心の揺さぶりも影響してきます。
お尻ペンも最初の段階は耐えられますが、だんだんと痛くなってきますよね。
いつになったら終わるのかもわからないし謝っても許してくれない時もあり、その時は嫌だし痛いし、こんなことなら言わなきゃよかった、悪さしなきゃよかったと後悔しますよね。
だからこそ次の段階が効いてくるんです。

最後の仕上げはお仕置きが終わった瞬間に訪れます。
それまでの地獄のような痛みから解放されるんですね、しかも許されて、抱きしめられて、優しさに包まれる。
その解放感のギャップがとんでもないんです、地獄から一気に天国ですから。

厳しい口調から優しい口調にかわり、甘えることも許されなかったところから甘えることができる。
怖かった人が急に優しくなって自分の成長のために叱ったんだとしっかりとお話してくれる、そのお話によって憎まれたり嫌いでお仕置きをしたのではない、好きだからしたんだって再確認できるんですよね。

普通の状態からそうされても愛情で満たされますが、どん底からだとその比ではなく数十倍にもなるでしょうし、最高の愛情を感じられるんです。
そういったことを日々妄想してお仕置きされてみたいという願望を満たせないで小説等でジェットコースターのようなどん底から天国に行くようなスリルを味わい、それを繰り返し、それは病みつきになってしまってもおかしくはありませんよね^^;
そして実際にお仕置きを受けて生身の人間と触れ合い、更に直接的な愛情で満たされることになるわけです。

なのでお仕置きを求めている、お尻叩きを求めているというのは誤解される表現であって、実際は愛情を求めているだけと私は思っています。
そういう子たちはお尻ペンペンだけであれば何ら愛情を感じないでしょうし、そうであるならばお尻ペンペンなんていらないでしょう。
それがディシプリン派のキーさんなんだと思います。
一連の流れを無視するのであればお仕置なんて嫌悪に感じるだけです、そうじゃない人はM性が混じっている人でしょうね。


私のお仕置きへの執着はこういうことが多くを占めています、スパのカーからSMのSになる人はたくさん聞いてきています、それはそれでいいことでしょう、結局はそれを求めていたのだしSMの世界はとてつもなく広いし深いところですから。
でも私の場合はSMの世界で自分の求めているものを探し続け、究極がキーさんとのお仕置きだったんです。
だから本心をいうと私はスパの世界にいる意識はなく、カーだとも思っていません、単純にスパの世界にいるキーさんが私の求めているものを満たしてくれる存という認識です。

私にとって非日常だったSMがどんどんと形が変わり、健全化し、日常的なものに変わったということです。
非日常だったSMはいまだに残っていますが、それは性欲のはけ口です。
非日常ではS的な性欲は満たしているので、それを日常であるこのお仕置き活動に持ち込む理由がないのです。
そしてもし持ち込んでしまったらせっかく見つけた私の求めていたものが全て崩れることになるので持ち込まないんです。
性的な事がないからもっと興奮できるということはあると思います、それはキーさん的には理解できるのではないでしょうか。
性欲を満たしたいのならスパのお仕置きの時ではなく、他でSM的な事をすればいいだけですからね。

結局はなんの実体もないものをSという性癖を満たすためだけにSMの世界に入り、その中で自分の求めるものを求めて求めて彷徨い続けて、そしてやっと自分の居場所を見つけたって感じですね。
もともとSMも性的なことだけを求めてしていたわけではなく精神的なものを求めてしていたことだし、人間の心や本質を追求したくて突き進んで、今はその究極の居場所なんだなって思います。

最後に、スパにはいろいろな考え方や嗜好があります、今回の記事は親と子供の関係性のような家庭的なお仕置きというものをコンセプトで書いていますが、これは私の中の考え方なのでそういう趣旨でお読みください^^;




(注)これは過去のお話ですので現在の対応とは異なる所があります、ちなみに今はスパのパートナーはいませんし募集もしていません。





              戻る          Top