お仕置き、お尻叩き、お説教、お尻ペン、お仕置き依頼
              
 
お仕置きの部屋 ~お尻ペンの世界~

               嫌な体験談、危険回避の対策


お仕置きの出会いで、初めて会ったカーさんに約束と違ってエッチな目にあった人は多いと思います。
1回目、2回目と安心させ、3回目にエッチな目にあった人も数えるとかなり多いでしょう、ただ3回目になるとキーさん側も完全に信用してしまって、それを自然と受け入れてしまうケースも少なくありません。

そういったキーさんたちの生の体験談を集めてみました。

これは出会う前のメールのやり取りでの注意点としても、そしてどのような確認事項を徹底するか、対策もかねて読んでいただくといいかと思います。
また、実際に体験した人からの危険回避のアドバイス、総合的に見て私からのアドバイスも後半に掲載しているので是非参考にしてください。


  • 2人のカーさんからお仕置きを受けたことがあります。ただ、お仕置き時に性的な行為を強要されたり、お仕置き自体痛くなかったりして、自分の思いが解消されずモヤモヤした気持ちが残ってしまいました
  • 私はリアルでの経験は二度しかないのですが、毎回エッチ目的だったり、お仕置きも本当に軽く叩かれる程度だったのでキーの気持ちは満たされませんでした。
  • 経験は、4人で初めては高校二年生の冬です。4人といっても2人は性的なことをされそうになってすごく怖かったし気持ち悪かったです…。
  • 初めての人はラブスパっぽいものを望んでて合わなくて、2人目はちゃんと躾としてお仕置きしてくれる人だったんですけど、同じ子とは1回しか会わないっていうポリシーを持ってて続かなくて、3人めはSMっぽいのを望んでたのと既婚者だったのが後からわかって合わなかったです。
  • 約2年半の間に16人もの人からスパを受けてきて、年齢は3歳年下~27歳年上。そして、そのうち6人には身体も許してきました、酷い場合は避妊もしませんでした。実は最初の数人には、自分が性的なことを求めては いないということを言えなかったんです。相手がもし性的なことを全く考えてなかったら、その話題を出すこと自体が相手を疑っているみたいで失礼に思えて…。最初の頃は書き込みに対して申し込む形をとってたので、性的なことが目的じゃなさそうな人を選んでたし。そんなことから、性的なことをされても、嫌がることも断ることもできなくて、ただ諦めて受け入れてました。避妊についても、着けない人に対して、責めるような、拒絶するような感じがしてしまって言え なかったです…。結局スパを受けても何か違う気がして、自分が求める形を考えて考えて、それを自分が掲示板に投稿して連絡をもらうって形に途中から変えました。それでも性的なことを求める人はいたけど、あらかじめ言ってある分、少しは断りやすくなってたかな。そんなことを繰り返してたせいか、長いこと感覚がおかしくなってました。スパの関係ない場面でも、流されて、嫌がれない&断れない、身体を許してしまった人が何人かいます。中には結婚してる人や彼女持ちの人も…。そんな自分を愚かだと思ってます…。
  • 性的な関係が望みじゃない!と伝えていて、それを理解してもらっても、根っこの部分を上手く説明できないがために、結局毎回消化不良になります。誰と会っても、やはり理由をこじつけてお尻ぺんぺんされるだけ。何でたたかれたのかもよくわからないまま終わるので、精神的に満足した経験はほとんどありません。
  • 子どもなら何でもありみたいな感じで、アソコの毛を無理矢理剃られてしまったり・・・躾だからと、裸にされたり・・・ディシプリン=躾だから何でもありで結局、調教みたいになってしまったり、血が繋がっていないからと、性的行為やSMになってしまったり・・・精神的にも追い詰められています・・・メール段階では良く話し合って、信頼関係を作ったつもりでしたけれど、実際会うとお説教は出来ない、お尻だけ叩き、フォローもなく・・・頑張って伝えたつもりで すが。そしてそのフォローが性的行為・・・叩かれたいんでしょ?叩かれて気持ち良くて、濡らしてるよ?お前はMなんだからと、言われてされるがままに結局なってしまいま す・・・お尻を叩かれて濡らす=Mそう言われ続けて来て、自分はMなんだ無理にそう思いこむ様にしていたのですが、でもやっぱり心の中は違ってて・・・相談に乗ってほしいです。
  • カーさん(25歳くらい)と初めて会ったとき、メールではエッチなことはしないでくださいと言ってあり、メールの段階では理解を示してくれていたのですが「可愛いからエッチしたくなっちゃった」と言われエッチをせがまれた。
    私が拒むと、「じゃあこれどうしたらいいの」と自分の下半身を指差しながら言われ、私が返答に困っていると「エッチしないからこっちにお尻を向けて四つんばいになって」と言われて、嫌がったけれどしつこく言われて逆らえず四つんばいになると、自分で処理していた。
    私の太ももに液?みたいのがかかりすごい気持ち悪かった。※キーさん男性経験無し
  • カーさん(40代後半)と初めて会ったとき、ホテルへ行く前に一緒に食事をしていたときはとても紳士的だったのに、ホテルへ行き部屋に入ると急に抱き寄せられ、キスをされ、それ以上されそうになったが必死に抵抗してそれ以上はなかった。
    エッチNGといってあったのに。
  • エッチなことをされそうになったが、私が拒んだので一応それ以上はされずにホテルを出たが、「俺はこっちだから」と駅に向かう途中で急に言われ、知らない街に一人置き去りにされて怖かった。
    最初からカーさんと電話番号を交換してしまっていたのが悪かったのですが、そのカーさんに私は性的なことをされそうになったのでそれっきりのつもりで連絡先を消していたのですが、ある日急に電話がかかってきて「また会おうよ」 と何度も言われ怖かった。
    その後も何度かかかってきて、怖いので着信拒否をしてしまった。
  • 1,2回目は普通に会って普通のスパをしていたので安心していましたが、3回目にこれって違うんじゃないかなと思うことがあって、でも勘違いだと恥ずかしいから黙っていたらエスカレートしてきて胸やアソコを触られた。
  • お尻叩かれて感じているんじゃない?といわれ触ってきた。
  • 最初はお説教してお尻を叩いていたのにお仕置きだからと上を脱がされ乳首をつねられて、下も触ってきた。「恥ずかしいのもお仕置きなんだよ」といわれ凄く嫌だったけど抵抗する勇気がなくて我慢していたらエッチされそうになった。
  • ひざの上でお尻を叩かれていたら急にお尻を広げられてアソコを見られた。
  • スパでは性的なことは絶対いやなのですが、怖いのと言い争うのがいやなので、なかなか断ることができなくて流されて要求されたことをしてしまいます、三分の二くらいのカーさんが最初から性的なことをしてきました、そういう人とは二度と会うことはないのですが、そういうカーさんが多いことがわかりました。
  • 初めて会ったときに性的なことをしようとしてこなくても何回か会ううちに性的なことしようとする人がいるのでディシプリンのスパを理解していないカーさんが殆どではないかと感じました。
  • スパの後に下半身を指して「大きくなっちゃったから処理して」とか「これなんとかして」といわれることがあります。
  • いろいろなカーさんと出会って、いろいろな嫌な思いをしてきて、それで改めてこの世界は危険と隣りあわせなのだと知りました。男は気持ち悪いとも思った
  • 自分が無防備だったこと、気軽に電話番号を教えてしまったりことを反省した。
  • おじさんなら性欲が抑えられるのではないかと勝手に思っていたが、そんなことはないのだと分かった。
  • 君にはMの要素があるといわれSMをされた。私も最初Mなのかキーなのか悩んでいたのでその時は流されてしまいました。今はMは違うと分かっているので流されることはありません
  • 別に感じてはいないのにアソコが濡れていて「いっぱい感じたんだね」といわれアソコを触られた。
  • お仕置きの後に当然のようにエッチなことをしてくる人がいました。
  • 生理を告げたら「汚れるからズボンを脱ぐ」といわれそういわれると何もいえなくてズボンを脱いだ状態でスパをされた、スパって感じがしなかったです。その後、性的なことをしてきたのでやっぱりそうかと思いました。
  • 可愛いねって言われてお尻にキスをされました、気持ち悪かったです。
  • 大きくなったから処理をしてくれない?と言われました。
  • 全部脱がそうとしたり、胸を触ってくる、アソコを触ってくる、お尻をなでるなど、防いでもある程度は触られてしまうのが本当に嫌でした。
  • エッチが駄目ならフェラだけでもしてと迫ってくる。
  • 好きになってしまったからと関係を迫られる(初めて及び2,3回目に会った時)
  • 最初は大きな要求(セックス等)をしてくるがだんだん小さな要求に変えてきて断れない環境に追い込まれてしまいました。


        キーさんからの危険回避の対策談


  • メールでは必ず「エッチなことをしないことが条件です」と宣言をしたうえでやりとりをすればいいと思います。
  • メールで「性的なことNG」というのは当たり前ですが、たくさんメールのやり取りをして相手のことを信頼できてから会えばまず大丈夫だと思います。
  • メールにてエッチなことしないでと言っておくことは大事ですが、現場でされそうになったときにはっきりと「嫌です」と相手に伝えることが一番の対策だと思います。
  • 相手はこっちの様子を見てどの程度まで性的なことができるかを考えていると思うのでちょっとしたお触り程度でも「駄目!」といえる勇気が必要だと思います。
  • 自分の直感(このカーさんなら大丈夫そうって感じるもの)を信じるしかないと思う。
  • 高校時代からスパの世界に興味があって好奇心だけ凄く膨らんで、大学にあがってすぐにその場の勢いだけでカーさんに何人も会いましたが今振り返るととても危険だと感じました。
    その時は男性もラブホテルのことも全く知らなかったし、怖いことがあるなんて何も知らずに行動していましたが最低限そこは知っておかないといけないですね。
  • スパ初体験したいっていう妄想だけ膨らんでいてもじっくりとカーさんを選んでじっくりとメールのやり取りをすることが安全な相手を探す対策だと思います。
  • Sさんなのかカーさんなのかをメールでしっかり聞いておくことが大切です、Sの人は性的なことをしてくるので気をつけたほうがいいと思います。



      
           京介よりの危険回避の対策談

  • いろいろなキーさん達の意見を聞いていると性的なことをしてくる男性のやることは決まっていますね。
    統計的に見てスパとしての出会いの三分の二以上の男性が何かしらの性的なことをしてくるようです、また初回はなくても3回目以内に性的なこともしくは性的交渉をしてくるようですね。

    例えば、SMの出会い系だとセックスがついてくることが当たり前の世界です、また援助交際や出会い系の場合、レイプや犯罪に巻き込まれる危険性がスパと比べ物にならないくらいとても高いですね。
    スパの場合はそういう意味での危険性は聞くことはありません(あるにはあるのかもしれませんが)
    それは金銭や性が絡んでいないということが大きい理由でしょう。
    男性の犯罪動機から見ても、スパの場合は弱みに付け込むような事がないからだと私は思います。

    援助交際であれば売春は犯罪でありそれによってお金を稼ぐことは許されないことで、その部分で弱みを握って働かせたりお金を要求したり、という犯罪が後を絶ちませんね。
    お金を払うと売春になってしまうという理由で約束の金を払わなかったりと本当にトラブルが多いようです。
    まあ、体を売るような行為をしている女だからという理由があり(もちろん正当な理由ではなくいけないことです)自分の中で正当化している部分もあるのでとても厄介な動機となるのでしょう。

    しかし、ディシプリンスパの場合は金銭のやり取りはなく、しかもSMのスパンキングと違って性的なことではありませんので男としては性欲を満たすためにするには物足りないということがあります。
    それなのにスパの時に性的なことをする男が何故多いのでしょうか?
    そう考えると同じ動機で、やはりスパという行為よりも性欲を満たす事が目的なんでしょう、あわよくばいい思いができるかもしれないみたいな。

    そして数打てば無料でエッチができることが起こるのではないかという期待があるからだと感じます。
    それに加え、SMでM女を捜すのがとても大変ということで、似通っている(本来は全く違いますが)キーさんを捜してしまうということも多いのでしょう。
    Sと名乗る人の殆どはキーのことを理解できず、自分がMの部分を引き出そうと考えてしまうことが多いんですね。
    キーはM要素があるからスパンキングが好きだと勝手に思い込んでいるところがあるので調教して自分の手で開発し、SMの世界に引っ張って行きたいのでしょう。
    でもその考えは間違いでキーでもM要素が全くない人は確実にいるんですよね。
    もちろんキーでMの女性もいますが、そもそもキーとMは別物であってどちらかというものではないんです。

    キーは一つの人格であり愛情表現であり自分を奮い立たせる手段であってそれとMかは関係のないことなんですね。
    だからキーであって性の部分はMの人もいればキーであってSMには全く興味がない人が存在するんです。

    話がそれましたが、そもそもレイプとか犯罪とかを考えているような極悪人はスパになんか目をつけないでしょう、だからそういう意味では出会いはどちらかというと安全なのかもしれません。
    いろいろなキーさん達の話を聞いていると、はっきりと断ることさえできれば最悪の事態はまぬがれています。

    いきなり触られたりということは防げませんが、触られたときにきっぱりと「約束と違うからやめてください」ということができればエスカレートすることはないでしょう。
    その際、男性が性的なことが目的の場合は自分の巧みな話術で言葉を変え、やり方を変え、なんとか性的なことを許可するように口説いてきます。
    そこでキーさん達が折れてしまっては駄目で、何が何でも断るという姿勢を崩してはいけません。
    それさえしていればスパで取り返しのつかないような危険な目にあうことは殆どないでしょう。

    しかし、それにはある程度の根回しが必要です、それがメールのやり取りの重要性なんですね。。
    キーさん達が何人もの人と出会って感じたことはとても重要な情報源です、それらをまとめると危険回避の方法が見えてきます。

    ①一番最初のメールで「性的なことは絶対NGです」と必ず主張し、それで構わないか確認をすること。
    ②メールをたくさんやり取りをして信頼が置ける人か自分なりに考えてから会うこと。
    ③会った時に性的なことをされたり誘われたら躊躇せずに「約束と違います、やめてください」とはっきりという。

    この三点をきっちりと実行すればほとんどのケースは大丈夫ではないかと感じます。
    そして性的なことがNGだということは最初のメールだけでなく話の流れで数度となく念を押しておくのが必要です。
    あと最終的な方法ですが、性的なことをすることは男性側が犯罪となりますから、訴えるよという脅しだけでも効果がありますので自分を守るために使ってみることも頭に入れておくといいでしょう。

    それと精神的にとても難しいことなのですが、キーとカーの関係はメールのやり取りだけを見てしまうとまるで恋愛のような錯覚に陥ることが多いです。
    スパの特殊な性質上それは仕方がないのですが、会う前から擬似恋愛のように入り込んでしまうと冷静に相手を見れなくなってしまいますし、相手も口説いたつもりでこれならできるかもしれないと勘違いしてしまう可能性があるので注意が必要です。
    性的なことをしたい男性はあの手この手で必死に口説き落とそうとしますからその罠にはまらないようにしなければなりません。

    相手はそう思っていないかもしれないから疑っては申し訳ないとか考えるキーさんが多いのですが、そういうことをされてしまったときにはきちんとした意思表示が必要で、それが恋愛的になってしまっていると断りづらいということになってしまうんですよね。
    恋愛が芽生えていなくても心が救われたり依存してしまっていたら多少の性的なことも断りづらくなってしまうものです。
    だからメールで相手に惚れたり尊敬してしまっても最低でも3回はその気持ちを我慢してしっかりと断って相手の様子を見ましょう。
    統計的には3回目までに手を出す人は出しますから3回会って何もその兆候が出なければ信頼できるのではないでしょうか。

    このようなことに対して共感するのは簡単ですが、一番困ったことはきちんと断れないという人がいることです。
    「気まずい雰囲気になるのが嫌だ」「断って豹変されると怖い」「言い合いになるのが嫌だ」「雰囲気的に言いづらい感じになってしまった」等と思ってしまうキーさんがいるんですよね。
    そういう人は見るだけとか手だけ、口だけならと妥協してしまい、そして更にエスカレートして、最終的には体で済むのであればもう二度と会わないしいいやって思ってしまうこともあるんです。

    自分の体は大事にしてほしいものです、そんなくだらない男になんかの欲求に答えてあげることはないのですから。
    「そんなレベルの低い男達が私の体に触れるなんて冗談じゃない」くらいに高いプライドを持ってほしいですね。
    自分の体ですからそんな安売りをしてほしくないですし、そこはしっかりと断る勇気を身につけてほしいと思います、結局傷つくのは自分自身ですからね。

    またこのような行動は違う面でも弊害があります。
    そういうことをしてしまうことによってそういう男はそれに味を占めて新たなキーさんをターゲットにし、新たな被害者を生むことにつながるという面もあるんです。

    ディシプリンスパの世界だけでも同じキーさん達を守ってあげたいと私は思います。
    こういったことをしっかりと遮断していって私達の手で変えていく努力は必要だと思います。
    そうでなければいつまでたってもキーさんは認めてもらえません、Mの卵と誤解され、性的な目で見られ、性癖と思われてしまうんです。

    私はキーは性癖と考えていません、性ではないんです。
    𠮟られてしっかりと罰を受けることによって愛情を感じ元気になれる性格の持ち主だと思います。
  • ブログに書いた内容を危険回避の対策としてこちらにも載せておきます。
    掲示板の危険性について実際の被害内容と対策。

    掲示板では性的なことをしないと約束をして会うのですが、実際には9割ほどのカーさんが性的なことをしてきます。
    それではどのような被害があるのでしょうか、キーさん達のガチなお話です。

    ○被害者が処女のケース(複数人回答)
    キスをしてこようとするので必死に避けた(キス未経験の子)
    口にキスされた
    胸をもまれた
    お尻をいやらしく触られた
    お尻を舐められた
    あそこを触られた
    あそこをなめられた
    あそこを毎回つねられる
    セ○クスされそうになったけど拒んでそれだけはやめてもらったけど裸にされて全身触られた
    あそこに指を入れられた(処女だけど処女と言えなかった)
    四つん這いにさせられてお尻をあげるように猫のような恰好を強要されてあそこを見られ触られた
    セックスを拒むと「太ももだけ貸して」といわれ自分の性器を太ももで挟みこすって射精された
    四つん這いにさせられて後ろに回って自分でしごいて射精し体に精子をかけられた
    お触りを拒否すると目の前で自分の性器をしごき、見るように強要されて射精まで見せられた
    お尻に性器をこすりつけられて射精された
    挿入しないからとあそこに男の人の性器をこすりつけられて射精された

    これらの被害者たちは、性的なことをされた場合、怖くて嫌と言えないケースが多いです。
    そりゃそうですよね、男性経験もない子なんですから。
    嫌と言ったらハードルの低い性的なことを要求されて従ってしまうケース、この場だけしのごうと最低限の性的なことに従うケース、自分が我慢すればいいやというケース、お仕置きを受けるためにはリスクも仕方ないと考えるケースと様々ありますが、実際は嫌と言えばやめてくることが殆どなので、言える勇気を持つことが大切です。
    それができない性格であれば会うべきではありません。
    処女のケースは自分が処女だということはみなさん相手に言えないようです。


    ○男性経験がある人のケース(上記と同じような被害は省きます)
  • おむつを着用させられておしっこすることを強要された
    浣腸されて目の前で(トイレ)排出させられた
    あそこや裸の写真を撮られた(後日脅された例も)
    SM行為をされた
    セックスをしないかわりにてフェラを強要された
    セックスされた(断ると怖いから断れなかった)
    強姦された(抵抗して暴れたけど最後までされた)

    一番多いのはセックスまでされてしまうケースですが、はっきりと断れないというのが原因です。
    断ればやめてくるというデータもあるのでしっかりと断らなければなりません。

    断れない理由としては、
    ○自分もラブホに入っているから後ろめたい
    ○情があって断りずらい
    ○怖くて断れない
    ○何をされるかわからないから我慢してもう会わなきゃいいと思ってしまう
    ○掲示板でのやり取りの際、「性的なことしないですよね?」と確認すること自体が失礼じゃないかと思ってしまう。「当たり前でしょ、なんでそんなこと言うの?」的な答えが返ってくるような気がして言えない。
    という感じです。
    ただ、「性的なことがあるのかないのか」という基本的なことさえも濁してしまえば相手は「性的なことをしないとは言っていない、話が違う」と逆切れし、性行為を強要するネタになるのは明白ですよね。

    これだけは言えます。
    基本的にしっかりと断ればやめてもらえるので言える勇気は持っていなければなりません。
    断れない性格の人は会うべきではありません。

    また、レアケースとしては強姦です。
    強姦というのは私はまだこの1例しか聞いていないのですが、現在本人と話し、被害届を出すかどうか検討中です。
    ただ、この場合は数回会っており、その間に軽いお触りは許してしまっており、それが引き金となった感は否めません。

    その他に過去にパートナーになった人にお金を貸して返ってこなかったり、写真を撮られて脅されたりということが何例もあります。
    仲良くなっても絶対にお金を貸さないこと、写真は絶対に取らせないこと、これらは徹底してください。

    カー側がキーさんを好きになってしまうと「別れたくない」という気持ちになって「写真をネットにばらまく」と脅すケースが多いです。
    どんなにいい人だと思っても人を好きになった思いや嫉妬心は探ることはできません、ストーカーも存在しますからね。
    これまで、過去に1人ですが、私が脅している本人と話をして、警察に連れて行き、逮捕に至っています。

    現在はリベンジポルノに対してはとても厳しくなっているので、それをにおわせればもっとすんなりと解決するでしょう。
    相手もそんなことで一生を棒に振るようなことはしないでしょうから、まずは脅しに乗ることはやめましょう。
    脅しに一回でも乗ってしまうと本当に抜け出せなくなりますからね。
    そしてそれでも脅してくるような人にはきっちりと対処しましょう、戦う気があるのならそのお手伝いはさせてもらいますから^^

    これら全てにおいてキーさんの決断です、決断とは警察に訴えるという事です。
    そこまでの覚悟があるのなら何も怖がることはありません、自分の画像がネットにあるかもしれないという恐怖感を抱き続けるよりしっかりと消去した方がいいですからね。
    決断さえあれば簡単に解決しますから、そういう卑劣な男を野放しにしてはいけません。

    と、ここまでは実体験のお話でした。
    掲示板では9割が性的なことをしてくるとこれまで書いてきました。
    しかしその9割を0割にしているキーさんが存在しています、私も初めてのレアケースです。
    そのキーさんの話を聞いてなるほど納得でした。

    その対策とは、私のサイトにも書いてあることなのですが、このキーさんはそれを見ずに自然と実践していました。
    しかも私が書いていたアドバイスよりもさらに踏み込んでいました。
    でも相手の心理を読みしっかりと考えることができれば当たり前のことなんですけど、お仕置きの欲望が放出していては冷静な判断ができなくなっているのかもしれません^^;

    掲示板でのパートナー選びで性的な被害に会わない確率を上げるためには下記の方法を実践してください。
    ○自分から書き込むのはやめて相手の書き込みに対してのみしか反応しない
    これは自分から書き込んだときの手ごたえから、真摯に自己紹介をしている人とやり取りを開始した方が最善と感じたためだそうです。

    ○会うまでの実際のメールのやり取りは最低40通以上(往復80通)
    100通前後やりとりをしないと相手のことはわからないので、本当に大丈夫かどうか確かめるためには最低必要とのことです。
    短文な人、文章に違和感のある人、やりとりが一方通行だったり、コミュニケーション能力に欠けているかなと感じた場合はどんどん省いていって絞り込んでいきます。

    ○スパに対する方向性や思いを先に聞いておく。
    キー側から方向性やしてほしいことを伝えると、性的なことをしてくる人は必ずキーさんの意向に合わせて返事をしてくるので「どのようなお仕置きが好きですか?」と探りを入れておくことが大切です。
    性的なことをする人はあえて性的なことについては触れてこなかったりするので、そういうサインを見逃さない。(それを言わないことでキーさんを探り、しないとは言っていないと逃げ道を用意しておく。自分からは言わないで済むならという心理)

    ○メールアドレスは必ずフリーのメールアドレスを作成してそれで連絡を取る。
    メールアドレスさえあれば会うのには支障ないので、電話番号等の情報を聞かれても教えない、しつこく聞く人ほど怪しい。

    これらのことを実践してしっかりと相手に疑いを持って接していればどんどん絞られていきます。
    年齢の関係もあるので(若い子ほど被害に会いやすい)それで0パーセントに防げるわけではありません。
    しかしこのようなことを実践すれば実際会った時にはリスクは大幅に減っています、それに加えてそのような行為をされそうになった時、された時にしっかりと拒否することがポイントです。

    流されないようにその行為の瞬間に勇気をもって言えば性的なことはかなり防げるはずです。
    怖いとか気まずいとかは考える必要はありません、そこまでの悪意を持った人はわざわざスパのパートナー募集掲示板にはきませんから、安心して自分の意思を伝えることをしてください。
    ここまでできない、断る自信がない人は掲示板を利用する資格はありませんよ。

    これはあくまで対策です、性格によってははっきりと断れない人もいます、断れなければ話になりません。
    自分の性格を考えてこのような掲示板を利用してください。
    また、自分だけを見つめてくれるパートナーといっても長く付き合えば関係性を維持することは難しいものです。
    それはカー側の問題で、カー側の信念がしっかりしていない限りいつかはブレてしまいます。
    会えば必ずお仕置きという形であれば違和感はいずれ出ますし、慣れてくるとお仕置きが面倒になったり、可愛そうで叩けなくなったり、やっていることが子供過ぎてお仕置きを受ける気持ちにならなかったり、仲良くなりすぎて反省すべきことを言えなくなってしまったりと、結構パートナーとして長くつき合うのは難易度が高いものです。

    それならば割り切って私のようなサイトを利用するなどすれば危険な目にあう事だけは避けられます。
    どうしても罪悪感が消えない、どうしてもお仕置きされたいと思った時だけに利用するという形でもいいんです。
    お仕置きしてほしい時にお仕置きをしてもらえるという利点があるので考え方を少し変えれば受け入れられると思います。
    掲示板でのリスクは絶対に追いたくないという人は掲示板は利用せず、サイトのような場所を利用するのが無難だと思います。

    しかしどうしてもパートナーさんがほしい人は探すしかありませんよね。
    パートナー探しですが、どうせするならいいパートナーさんを見つけましょう、コツは焦らずじっくりです。
    たくさんの人とやり取りをして半年以上かけて見つける覚悟で取り組むといいでしょう。
    自分を守るために、傷つかないためにこれらのことを参照してみてください、一度こういうのに慣れてしまってはよくありませんからね^^
    何かありましたら相談にも乗りますからその時は連絡してみてください^^

    どうかこのようなことを参考にして被害に会わないようにしていってください。
    一人が曖昧に性的なことを受け入れてしまってはどんどん被害は広まるだけです。
    一人一人がみんなのために勇気を振り絞って「やめてください」といえれば結果自分も周りも守ることなるんです。
    そういうつもりで、今後、同じ思いをするキーさんを増やさないように、自分だけではなく、キーさん全体を守っていくことにつながります。
    この諸注意で少しでも助けになれたらと強く思います^^