お仕置きの部屋 ~お尻ペンの世界
              心理面からお仕置きを捉える、性的要素が無いお仕置きサイトです
スマホサイト   ブログ


「お仕置き」や「お尻ペン」という言葉に反応してしまいませんか?
「悪い事」や「ダメな自分」を叱ってほしいと考えたりしませんか?
誰にも相談できないような何かしらの欲求を抱えて悩んでませんか?

ここはあなたが心に秘めている欲求や願望、人に言えない悩みや罪悪など、そういった心の中身を全てさらけ出せ、そのことを通じて自分のモヤモヤを消しさり、心を解放できる特別な空間です
あふれ出そうな想いや窮屈な心を解放し、渇望した心は充填していく、それが可能なあなたの居場所です

言いたくないことは言わなくて大丈夫ですが、あなたの心の解放のために嘘はつかないようにしてください
ここでの出来事やお話しは、決して外に持ち出すことのないここだけの秘密、それがこの部屋のお約束です

ようこそお仕置きの部屋へ

最終更新日2020年10月30日(金)
※金曜日更新予定(隔週更新の場合もあり)



更新履歴情報


10/30(金) お仕置き後の想い「こより」追加
10/16(金) お仕置き後の想い「あやな」追加
10/02(金) お仕置き後の想い「りかこ」追加
09/18(金) お仕置き後の想い「りさ 」追加
09/04(金) お仕置き後の想い「るりこ」追加
08/21(金) お仕置き後の想い「ほのか」追加
08/07(金) お仕置き後の想い「なつめ」追加
07/24(金) お仕置き後の想い「すずか」追加
07/10(金) お仕置き後の想い「あこ 」追加


お尻ぺんのお仕置きに憧れがある  抑えられない欲求をなんとかしたい  自分のために叱ってほしい

精神的に追い詰められたい  悪いことをお尻叩きで反省したい  お仕置き欲求を無くしたい

このサイトでは、 性的要素の一切ないお仕置きと一般的なSMを線引きするために定義づけしたり、女性たちの声、また、この世界の出会いや注意点などのアドバイスも含めて分かりやすく解説しています

お仕置きに憧れや欲求を持つきっかけは様々ですが、その本質部分は幼少期においての何らかの刺激や、これまで生きてきた環境の影響によるものが多く、それは単なる「幼児退行」であったり「愛情をもって向き合って欲しい」「ありのままの自分を見てほしい」「どんなに悪い自分でも見離さないでほしい」 「感情的ではなく諭すように自分の為に叱られたい」というような承認欲求的な心理が根底にあるものです

ここでは、コーチング要素を取り入れたカウンセリングで心理面からアプローチをし、心の憶測に潜んでいる欲求を分析したり、心の闇や悩みがある場合はそれに対してどう向き合うべきかという視点からお話をし、必要に応じて要望に沿ったお仕置きをしていきます

ここでのお仕置きは、性的な事(性器接触、性的快楽行為)が一切ない、親から子供に対する家庭的なお仕置きをコンセプトにしており、特にカウンセリングで心理面をひも解いていくことをメインにしています
「お仕置きはこういうものだ」というのは人それぞれ違います、道具の有無やお仕置きの体勢、スキンシップ等、自分にとってのお仕置きは自分の心の中に持っているものですから、欲求を満たしながら反省させる意味でも当人のお仕置き観に沿う事が最善だと思っています

また、当サイトの方針として撮影等は一切しないので、動画や画像の掲載はしません
それは私自身が撮影に全く興味がないこともありますが、ここは精神的な心の安定を求める人やどうにもならない欲求を解消したい人等に、誰にも知られずに安全に思いを処理できる場所として、ある意味純粋に運営していきたいからです

動画をアップしてほしいという要望はたまにありますが、こういった方針なので動画や画像をサイトに掲載することは今後もありません

お仕置き利用者だけでなく、カウンセリングとして 、人生相談、性癖相談、家族の問題、躾の問題、異性の問題、女性特有の体のことや体調のことなど、お仕置き無しでのでいろいろ相談にも対応しています



欲求について
欲求と一言で言っても様々あり、抑えられない欲求というのも様々です。
欲求が膨らみすぎるといくら封印しようとしても消し去ることはできません、封印し欲求を抑圧しようとすればするほど押し寄せる波に翻弄され、その波はどんどんと大きくなり辛く苦しむことになるののです。

その欲求がいつのまにかおさまったとしてもそれは一時的なものでまたその波は襲ってきます。
この欲求の波を解消するには抱いている願望を体験して、精神を解放してあげることしかありません。

当サイトでは、欲求を消したい方にはカウンセリングにおいて心理分析をし、その欲求は何者かということを探り、癖や依存にならないように配慮しお仕置き欲求を薄めるようにお仕置きをしていきます。
そのような方は自分の心理を知ることが大切で、次第に欲求を薄めていくように心理療法的なこともしていきます。

また、欲求を満たしたい方にはカウンセリングでいろいろとお話を聞き、個々にあったお仕置きを執行していきます。
お仕置きという範囲内であれば要望によってはお尻叩き以外の罰もしますが、性器接触や性的快楽行為があるようなことはお断りしています。

最後になりますが、欲求でも性癖でも、リアルに踏み込めないのは安全性の保証がないからだと思います。
このサイトは長年運営していますし、望まない行為をされたというようなトラブルは一件もありませんので、とにかく欲求を抱えて悩んでいる方は一度体験してみることをお勧めします。

どうしても欲求を何とかいしたいと強く悩んでいてそれでも踏み込めない人は、これは心理療法だと捉えて”治療する”という気持ちで依頼してみてください、そのような方もいますので依頼はお気軽にどうぞ^^



お仕置き及びカウンセリング希望の方へ
自分の為に親身に叱ってほしい、厳しくされた後に甘えたい、罰を受けて精算したい、自制できないので罰を与えてほしい
そんなことを考えたり憧れをもつ自分は異常なのではないかと悩んでいませんか?

お仕置きは性的要素の一切ない親が子どもにするような家庭的なお仕置きをコンセプトにしています
感情的なお説教や虐待的なお尻叩きではなく、カウンセリングのように話を聞き、冷静に言い聞かせます
また、繰り返し押し寄せる欲求の根源を分析し、欲求や苦しみの薄め方、受け入れ方をお話ししていきます

また、お仕置きは体験程度から厳しめまで、本人の要望を尊重していますのでお気軽に申し出ください
それとお仕置きはお尻叩き以外の罰でも受け付けますが性器接触や性的快楽行為があるものはお断りしています

ある程度の要望は受け付けますのでまずはその願望をお聞かせください、欲求を満たしたい人はお気軽に連絡ください

最後に、「お仕置きの部屋」というタイトルですが、現在はお仕置き無しで対話のみでのご要望も受け付けています
内容は一般的な人生相談から性癖や異性の悩み、スパのことやSM的な事、家族や躾の問題、女性特有の相談まで、なんでもご相談ください。

カウンセリングではコーチング的な要素を取り入れ、対話を通して悩みの本質を見極め、成長のためのアドバイスやお説教をしていきます。
誰かに話すだけですっきりすることもあります。心に抱える秘密を安心して打ち明けられる場所を提供します。
              お仕置き時、カウンセリング時のお約束

〇私が依頼者に性的な行為をすることはありませんのでそこはご安心ください、また仮に性的行為の依頼があってもお断りさせていただいています
〇ここでは秘密厳守を徹底しており、守秘義務を遵守しています、個々にお話しした内容を漏らすことは一切しません
〇依頼時に申し出たNGをすることや強要することは一切しません、お仕置きは個々のお仕置き観にあわせて対応しますので、依頼時に具体的に申し出てください

詳しい内容は依頼のページもしくはよくある質問を参考にしてください
なお、依頼は先着順の予約制となっていますので、ご希望の方は依頼のページよりご連絡ください



あなたはM?Mではない?
お仕置きに興味を持ってしまう子の多くは幼少期や若い頃からその想いを抱えているものですが、そんな自分は変なのではないか、Mなのではないかと1人で抱え込んで悩んでしまう人は多くいます。
しかし、実際にMかどうかは心理的な部分を覗いてみなければわかりません。

Mというのはマゾヒズムの略称で、それは肉体的もしくは精神的に「苦痛、屈辱、被虐、絶望、拒否、自虐、被支配、屈服、服従、羞恥、責め」等のいずれかを求めてしまうタイプの人で、被虐感的なものが快楽に直結する嗜好の人を主にさします。

また、SMは性的な事を求めるものと思い込んでいる人がいますが、性的な事を求めないMの人は一定数います。
そういう人は性的なSMに違和感があるので、性的なことがないスパのお仕置きの世界を知り、そこに居場所を求めるようになるのは必然だと思います。

性的な事を求めないMというのは精神的や肉体的な苦痛を求めたり、支配や管理されることを求めたりします。
性的な事を求めるMはそれにプラスして快楽を伴った責めを求めます。

Mには性的な事を求めるタイプと求めないタイプといるわけですが、実際は比重は違えどMさんの大半は両方を持ち合わせています。
それはどちらにしても追い詰められればMの本質である被虐感を得ることができるからで、あとはその人の嗜好の問題です。

Mは痛いのが好きな人と誤解している人もいますが、そうではありません。
痛いのを求めるのは肉体的な被虐感ですが、他にも快楽を通じての被虐感もあれば言葉で羞恥心をあおったり追い詰めたりされる被虐感もありますから痛みが嫌いなMの人もいるわけです。
ただこれは人間が持っている本能的な部分でもあるので、それが偏りすぎたり欲しすぎたりするとMという分類になっていくんでしょう。

ちなみにキーさんの中にもMの人はいます。
そもそも”キーさん”とはお尻を叩かれることに興味がある人を指すので、その中にMの人はそれなりにいるものです。

親から子供への家庭的なお仕置きにしか興味がない人はSMのM要素がない純粋なキーさんです。
性的な事を求めないMとキーは似ていて人によってはどちらかよくわからないことがありますが、基本的には叩かれるときの精神構造でわかるものです。

M性を持っているキーさんは家庭的なお仕置き欲求を満たしたいときはキーになり、SM欲求を満たしたいときはMになって使い分けたりしています。
そしてキーさんではなくMの人でも性的なSMに違和感を持ち、M欲求を家庭的なお仕置きで満たす人もいます。

性的要素が一切ないお仕置きを望むキーさんであったとしても、お仕置きの妄想で羞恥心を感じたり、体が勝手に反応して性衝動が起きてしまったり、恥ずかしいお仕置きを妄想したりすることは普通にあることです。

考えるだけで濡らしてしまったり、それがいけないことと思ってやめようとしてもどうしてもやめられなかったり、お仕置きを考えて自慰行為をしてしまったりと様々です。
そこには少なからず性欲も関係しているので、そういうで自分はおかしい、変じゃないか、Mなのではないかと悩んでしまいがちです。

でも一連のお仕置きの流れで心が満たされるのであれば、そこに性衝動が起こったとしてもおかしなことでも変な事でもありません。
羞恥心を感じて興奮したとしてもそれは性的な行為の妄想の結果ではなく、それで体が反応するのはお仕置きを求めてしまっているキーさんだからこそです。

そもそも人間の特性として女性の多くにはM性が混在しており、その中でSMやスパに興味を持ってしまう人は一定数いるわけです。
そうなってしまうのは育った環境や幼少期の性へのアプローチが関係しており、同じ環境下でも違う性癖を持つなどその部分の構築は複雑です。
ここではそういった心理面を紐解いて心の整理をつけることをしています。

お仕置きを求める人は様々です。
性的要素を嫌う純粋なキーさんもいます
キーさんであり、精神的なMの人もいます
家庭的なお仕置きを好むキーさんであり、同時にSMも好むMの人もいます

これらはどれに属さなければならない事ではなく自分自身が自然に持ってしまった嗜好であり、SM好きなMさんであってもスパのお仕置きで性欲を満たしたいのであればそれでいいわけです。

話は少しずれますが、お仕置きというのはお尻叩き以外にも様々な懲らしめ方法はあります。
それは、折檻や虐待的、もしくは猟奇的なものになりますが、そういう精神的に追い込まれることを好む人もいます。
それを解消するにはSMの世界にいくしかないですが、性的なことがNGとなると欲求を満たすことはとても難しいでしょう。

例えば行為としては、お灸、ろうそく等の極熱行為、洗濯ばさみ等での痛覚行為、首絞め等の窒息行為、くすぐり行為、浣腸での排尿排便制限、おむつ内での排尿、溺水、強制嘔吐、医療類似行為等があります。
そういった願望がある人は、妄想の中では処理できても、なかなか実現できないことでもあります。

家庭的なお仕置きを求めている人でも、一方ではこのような願望を持っている人もいて、勇気がないので、家庭的なお仕置きで代用している人もいるでしょう。
はりつけにされたり、縛られたり、口をふさがれたりして、とことん罰されたい、ボロボロにしてほしい、苦しい思いをしてみたい、精神的に追い詰められたい、屈辱的にとことん落とされたい、そんなことを妄想してしまう人は、その時の精神状態にもよりますが結構いるようです。

このようなお仕置きを求める人はキーさん的な精神構造ではなく、Mの精神構造といっていいでしょう。
Mといってもそこには性的なものは必要とせず、性的なことがない被虐行為を好むMということです。
そこに安全性と手加減という前提があればその世界に踏み込めるのでしょうが、初めて会う相手であれば保証はなく、なかなか踏み出せませんよね。
それが続けば心が満たされずモヤモヤしてしまいます。

最近こういったお話もよく聞いたりしますので、場合によってはお試し的に私のできる範囲内で体験させてあげたいと思っているので、そういう方は勇気を出して申し出てみてください。

ちなみにこのような行為を通常のお仕置きですることは決してありません、あくまで要望がありその人に必要性があると私が判断した上での事なので、このような行為を強要することは一切ありません。



最後に
人間の本質や心理に基づいた研究を含め、その欲求を消したい方にはその手助けを、今は受け入れたいと思う方には相応のアドバイスをしていきます 。
他人と比較しあい、格差が拡大した生きづらい世の中だからこそ、精神的な安らぎや快楽、自己肯定感や被虐感を求めていくのは当然だと感じますし、今後は更に求める人は増えてくると予想されます、一人で抱え込まずまずは気軽にご相談ください。

もともとは個人的にお仕置きブログを書いていただけだったのですが、数人からサイト作成の要望があり、2011年9月に開設しました。
そこから細々と始めたのですが、現在は私の生活の殆どをしめるようになってしまいました^^;
私の場合、それなりに対応できる仕事なので時間がとれていますが、この活動は仕事ではなく、あくまで個人的な研究や趣味の範囲内の活動です^^

                               

                                開設2011年9月  管理人  京介